ANA SFC 修行記

PP単価 6.6 でSFCを目指す修行記です

ちょっと贅沢な国内旅行 再び

皆様、新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

f:id:shingosfc:20220102002817j:image

って、こちらは昨年末に行った福岡家族旅行の記事となりますが・・・

妻の実家で年末に福岡に行く話しをしてたら、毎シーズン海外に行っているお義母さんも『一緒に行こうかしら』との事となり、福岡4人旅となりました。
f:id:shingosfc:20220102002914j:image

ターミナル1とターミナル2、それぞれ雰囲気が違います。
f:id:shingosfc:20220102002925j:image

この日まで娘は塾の為、私だけ先に空港に入いり色々と手配を済ませておきました。
f:id:shingosfc:20220102002940j:image

諸手続きを済ませサクララウンジへ。
f:id:shingosfc:20220102002954j:image

この光の階段は何回昇っても、高揚感を高めてくれます。
f:id:shingosfc:20220102003012j:image

1タミからだと富士山が見えるのも良いです。
f:id:shingosfc:20220102003025j:image

まずは、こちらで1年のコリを解させて頂きました。
f:id:shingosfc:20220102003037j:image

想像以上にゴリゴリとしてくれます。

ごっそりコリを取って貰いました。

f:id:shingosfc:20220102003105j:image
続いて、シャワーへ。

もう、この時点で私だけ既に国際線モードに突入です。
f:id:shingosfc:20220102003052j:image

この、『今日、初めての使うの?』ぐらいに水滴の無い綺麗なシャワールーム。
f:id:shingosfc:20220102003114j:image

アメニティーはコーセーのプレディア。

この香りで更にテンションも上がります。
f:id:shingosfc:20220102003126j:image

準備万全、後発組を待ちます。
f:id:shingosfc:20220102003139j:image

CAさん達が一足お先に機材へ。
f:id:shingosfc:20220102003151j:image

福岡まで、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
f:id:shingosfc:20220102003200j:image
と言う事で、今回も国際線機材ボーイング777-200ER。

座席は国際線ビジネスクラス、スカイスイートⅢ。
f:id:shingosfc:20220102013407j:image

あれれっ(・。・)???

娘にとっては初☆スカイスイートⅢなのですが・・・

普通席、宜しく。ぐらいな雰囲気で、淡々と座ります。

f:id:shingosfc:20220102003257j:image

こうして地球規模で見ると、ほんと福岡は近い。
f:id:shingosfc:20220102003307j:image

そんなこんなで、テイクオフです。
f:id:shingosfc:20220102013651j:image

やっと、国際線っぽい雰囲気に。
f:id:shingosfc:20220102003405j:image
とは言え、あくまでもクラスJ

機内用に御摘まみをご用意。
f:id:shingosfc:20220102003353j:image

これ、面白かったです。

f:id:shingosfc:20220102003415j:image

ダイヤモンドヘッド=糸島半島!?

まぁ、みたいなもん、っちゃみたいなもんかもですね。
f:id:shingosfc:20220102013942j:image
お隣さんはエンタの神様を見て、ずっと爆笑してました。
f:id:shingosfc:20220102014432j:image
うをっ、何て素敵な搭乗記録。

大変お忙しい中、本当にありがとうございます。
f:id:shingosfc:20220102003450j:image

楽チンフルフラットのナイトフライトも終わりを告げます。
f:id:shingosfc:20220102003457j:image
そんな感じで、ちょっと贅沢な国内旅行。

無事、福岡空港に到着です。

合縁奇縁

11月某日、世の中の新型コロナも少しずつ落ち着きを見せつつある中、友人2人と一杯やる事に。

この2人の友人。

出身地も年齢も違うのですが、どう言った縁か、大学に入った初日から、もう何十年と付き合いが続いています。

たまたまクラスが一緒になった事が切っ掛けで入学初日から友人となり、それから学生の時はほんと、ほぼ毎日と言っても良いぐらい男3人でつるんで遊んでました。

(途中から私は当時付き合ってた彼女の家に入り浸るようになってしまいましたが・・・)

その1人の出身地が佐賀県で、私たちの卒業旅行もそいつの実家のある佐賀県にしました。

往路は青春18切符に揺られて東京から佐賀までほぼ24時間鈍行列車の旅。

こんな贅沢な時間の使い方、今はとても出来ません。

時間のある学生だからこそ出来た芸当です。

鈍行に揺られて永遠と乗り続けて佐賀駅に着いたのが、もう日付も変わろうかと言う頃。

真夜中に1人、何も知らない初めての佐賀駅に着いた瞬間、いきなり外国の人に道を聞かれて、何だか本当に外国にでも来てしまったような気分になったと言う思い出から始まり、その後も流血あり紛失ありと色々とハチャメチャな旅行だった記憶があります。

そんな佐賀出身の友人。

東京では何を食べても『マッジッ』ばかりを連呼していました。

ほんと、何でそんなにいつもいつも美味しくないと言うのかなと思ってました。

しかし、その訳も、私が初めて九州に行って色んな物を食べてみて、そいつがそう言い続けてた理由が、付き合って4年目にして初めて分かりました。(それぐらい、九州は物が美味しい)

かく言う私もそれまでウニと言う物を食わず嫌いしてたのですが。

そいつのお父さんが連れてってくれた寿司屋でウニを食べてみて、驚愕。

ウニって、こんな美味いんだ!って思いながら、1人で一箱完食してしまいました。

(後で聞かされたのですが、一箱○万円のウニだったらしいです汗)

 

もう1人の友人は、千葉を地元に、大学入学の時に東京へ出てきました。

大学1年生の時は、自分の家よりこいつの家にいた方が長かったのではないか?ってぐらい入り浸ってました。

と言っても、夜明けまでゲームして、一限の授業に起きる事が出来ず、そのまま諦めて昼過ぎに起きてファミレスで昼飯を食べては、また夜中までゲームに興じる、と言う何とも言えない生産性0の生活をループし続ける。

本当に楽しかったです。(笑)

その後、そいつも結婚するんですが、奥様がANAのグランドさんで。

お会いすると色んな専門用語?を教えて貰いました。

逆に修行の話しをしたら、とても新鮮な感じで聞き入ってくれました。

 

そんな友人2人と久し振りに飲みに行った時の話しとなります。

私がこの年末、家族で福岡に旅行する予定なんよ、と話しました。

そんな訳で事前に12月の中旬に1度、視察と言う名目で1人福岡をタッチする予定と付け加えました。

すると、なら福岡で合流するかと、なりまして。

どうやら今、先に出た方の友人。

東京と博多に住まいがある状態との事で。

今、千葉に戻ってる友人にも、お前も有給取って3人で福岡に集まるべ、となった訳です。

この辺のノリ、学生の頃と変わってなくて嬉しい限りでした。

 

すみません。

普段は基本的にこのブログ『スマホで簡単に読める』を意識して書いているのですが、今回はダラダラと書き連ねていきます。

と言う感じで、これから本題へ。(笑)

 

 

f:id:shingosfc:20211216235734j:image

スタートは朝日が昇る東京国際空港のANAラウンジから。

f:id:shingosfc:20211216235745j:image

東京・福岡タッチが始まります。

f:id:shingosfc:20211216235754j:image

機材は78M、国際線機材です。

福岡まで、どうぞ宜しくお願い致します。

f:id:shingosfc:20211216235804j:image

本日のお席は34A。

ちなみに本日は往復ともこの78Mの34Aに搭乗です。

f:id:shingosfc:20211216235814j:image

この34Aの座席、左に凄く広いスペースがあります。

荷物を置くも良し、トイレなどへ向かうに通り抜けるに良し。(本当は通り抜けしちゃダメですが・・・。)

更に今回、往復とも隣りに人は来ずの超スーパーANA普通席状態でした。
f:id:shingosfc:20211216235823j:image

混雑する朝の羽田空港

今日は、このまま左に曲がってすぐにローリングテイクオフにて出立。
f:id:shingosfc:20211217000319j:image

上空にはだいぶ雲の残る東京ですが
f:id:shingosfc:20211217000333j:image
雲を抜けると、この大パノラマ。

34A席だと窓2つ、独占です。
f:id:shingosfc:20211217000343j:image

そして、福岡線最大の醍醐味。

真近にせまる富士山。

A席しか勝たん、です。
f:id:shingosfc:20211217000355j:image

空の上は本当、良い天気。
f:id:shingosfc:20211217000407j:image

日本一の湖、琵琶湖の上にも光の道が。
f:id:shingosfc:20211217000422j:image

一応、東京土産となるんでしょうか。

友人の手土産に買ったねんりん家のしっかり芽。

遥か昔、自分の結婚式の引出物にも入れた、私の大好きな逸品。

機内用に、ちゃっかり買っておきました。

やっぱり、滅茶苦茶美味しい。

ちなみに、私の結婚式の受付をしてくれたのも、この2人でした。
f:id:shingosfc:20211217000432j:image

そして、鬼滅の刃

立志編、全話ブチコミと言う大盤振る舞い。

色んなニュースや記事にも機内でおじさんが一斉に鬼滅の第1話を見てた、なんてのをチラホラ見掛けました。

『鬼滅は未だ』と言う方。

まずは是非、1話と2話を見てみてくださいまし。
f:id:shingosfc:20211217000442j:image

1番後ろの座席で鬼滅を見続けてたからでしょうか。

CAさんがいきなり、限定の鬼滅のメンコをくださいました。

一応、対象年齢はクリアーしてます。(苦笑)

A席のモニターには鬼滅、B席のモニターにはフライトマップ、と言うツートップにしてたら、CAさんより『私も、後ろからマップ、拝見してました。』と言われました。

最後列と思って油断してたので、とても恥ずかしい限りです。

アナがあったら、入りたいっ!
f:id:shingosfc:20211217000452j:image

そんなこんなで本州と九州を結ぶ関門海峡へ。

f:id:shingosfc:20211217000459j:image

光輝く玄界灘

f:id:shingosfc:20211217000508j:image

相島が見えれば、福岡空港はもうすぐそこです。
f:id:shingosfc:20211217000517j:image

てな訳で、福岡の地に無事、到着です。
f:id:shingosfc:20211217000525j:image
楽しい空の旅、本当にありがとうございます。

 


f:id:shingosfc:20211217001327j:image

さて、福岡に到着して最初の食事は・・・

博多ラーメンを検索すると必ず名前が上がるShinShinへ。
f:id:shingosfc:20211217001342j:image

博多純情ラーメンと銘打っていて、あっさりしてるのでツルツル入ってきます。

本当は替え玉したかったのですが、友人よりこの後も有るから!との事で、泣く泣く我慢しました。
f:id:shingosfc:20211217001402j:image

そして、車にて糸島へ。

近年、ヤシの木ブランコで人気が高まってるみたいです。
f:id:shingosfc:20211217001413j:image

2人乗り用。

恋人どうしなら良いですね。
f:id:shingosfc:20211217001421j:image
3人用。

晴れてれば、すこぶる絶景だったと思います。
f:id:shingosfc:20211217001350j:image
若い子に写真を頼まれたので撮ってあげたら、御礼に我々も撮ってあげますよ、と。

いやいや、こちらはオジサンだし・・・と躊躇したものの、結局、ご厚意に甘える事にしました。

オジサン2人、ブランコに載るの写真です。
f:id:shingosfc:20211217001548j:image 

続いて、櫻井二見ケ浦へ。

一瞬、日が射したところをパチリ。
f:id:shingosfc:20211217001559j:image

有名な夫婦岩

鳥居に収まる夫婦岩が何とも美しい。
f:id:shingosfc:20211217001609j:image 

今度は晴天の時に来てみたい・・・。
f:id:shingosfc:20211217001618j:image

途中、友人がどうしても饂飩も食べて欲しい、との事でウエストへ。

私自身は福岡の饂飩の美味しさは周知済みなのですが、もう1人の友人は福岡初饂飩。
f:id:shingosfc:20211217001629j:image

そして、お決まりもつ鍋おおいしへ。
f:id:shingosfc:20211217001638j:image
福岡にも居を構える友人の彼女さんとその妹さんも合流し、大盛り上がりに大盛り上がり。

彼女さんたちには『今度は泊まりで来なよ~』と凄く的を射たご意見を頂戴しました。

ほんと、そうですよね。

爆笑の渦の中、時間は容赦なく矢のように過ぎていきました。

 

私は20時55分福岡発の羽田行きだったので時間にゆとりがあったのですが、友人は19時05分福岡発の成田行きだったので、17時おおいし開店から1時間したら一緒に店を出て空港に向かおうと話していました。

ただ、上述の通り、あまりに楽しかった事もあり、店を出る頃には軽く1時間を超えてしまっており、私たち2人は見送られながら慌ててタクシーに飛び乗り空港へ向かいました。
ただ、これまた運が悪いと言うか時間が悪いと言うか、道もかなり混んでいて。

既に18時半は軽く回ってました。

友人は飄々としてましたが、私はかなりヤバいなぁと焦っていました。

空港に着くやいなや、お金は私が払っとくから、兎に角、一刻も早くチェックインしてこいよっ、と先に友人を降ろして私は支払いを済ませました。

もう、保安検査も通過してんべ、とか思いながらタクシーから降り、自分の出発時間までのんびり空港で過ごそう、とか思ってたのですが・・・。

そこに、無人のチェックインカウンターの前に佇む1人の男。

ジェットスター、チェックイン時間が過ぎて本日の営業は終了・・・との事で無人状態に。

そいつに、取り敢えずコールセンターに電話しな、と伝えるも、コールセンターも営業時間終了にて繋がらず。

と言う事で、ノーショー状態になってしまいました。

私の同じ便にする?と提案しようかと思ったのですが、ANAはもうフレックスしか無し。

値段にして45000円。

私もまさかこんな事になるとは思わず、株優を持ってこず。

スターフライヤーが約半額の24000円ぐらいだったので、そっちにしときなよ、と伝えました。

後述しますが、この選択は正解でした。

(って、そもそもノーショウになってる時点で不正解なのですが苦笑)

f:id:shingosfc:20211217113946j:image

取り敢えず、無事に購入、即チェックイン。

保安検査の所まで見送ります。

 

f:id:shingosfc:20211217113956j:image

私もお土産を幾つか購入してチェックイン。
f:id:shingosfc:20211217114004j:image

家族へのお土産に三日月屋のクロワッサン。

ちゃっかり、自分用にも購入。


f:id:shingosfc:20211217114013j:image

帰りも同じく34A。

そそくさと、滑走路へ。

 

ポーン。

 

と音が?

んっ?

1回?

4回で無いん?

 

 

 

そして、しばらく滑走路上で佇む事、5分。

 

お客様にご案内します。

機長から入りました情報によりますと、飛行機の一部に不具合が見付かった為、ターミナルに引き返す事になりました。

詳しい事が分かり次第、ご案内します。f:id:shingosfc:20211217114022j:image

結局、この後、1時間ぐらい動かぬ機内の中で待機する事に。

その日中に帰る必要があった友人がもしこの便に乗ってたら、彼は帰宅出来なかったです。

スカイマークにして大正解でした。

片や私の方は、まぁ、福岡延泊でも羽田ステイでもどっちでも良いや~とか思ってたので、のんびり鬼滅鑑賞し続けてました。

そしたら、残念ながら復旧。

さすが、ANA。

1時間遅れで東京へ飛び立ちます。

f:id:shingosfc:20211217114037j:image

私の方は変わらずコーヒーとクロワッサンでそのまま鬼滅タイムを継続。
f:id:shingosfc:20211217114101j:image

帰りの飛行時間、1時間5分。

福岡、近過ぎです。
f:id:shingosfc:20211217114113j:image
と言う事で、無事に東京に到着。
そのままリムジンバスにて帰宅の途に着きました。

 

元々はボッチタッチの予定だった福岡往復。

それが、思わぬ形で3人旅となりました。

時間だけは有り余っていた学生の時と違い、社会人になると時間が本当に無い。

特に、3人で予定を合わせるなんて至難の技です。

今回、思わぬ流れで福岡の地で遊び倒す事となりました。

ほんと、人の縁とは面白いものです。

 

 

今、先述した家族旅行で福岡に行く為に羽田空港サクララウンジに来ています。

ただ、この旅行記を書くのは年明けになると思うので、2021年の記事としてはこの記事がラストの記事となります。

本年も1年間、色々とお世話になりました。

本当に、ありがとうございました。


f:id:shingosfc:20211228160713j:image

2022年が皆様にとって

光輝く1年となりますように・・・

ANA国内線最高級普通座席搭乗記

f:id:shingosfc:20211129143147j:image夏日の那覇から、一気に初雪予報の札幌に到着。

空気がキーンッと張り詰めてます。

いやー、パなく寒い!
f:id:shingosfc:20211129143200j:imageそんな時は、『焼きとうきびラーメン』。

新千歳空港には他にも美味しい物は沢山あるんですが、何故だかついついリピートしてしまいます。

f:id:shingosfc:20211207213005j:image加えて、こちらも新千歳空港に来たら欠かせないのが『新千歳空港温泉』。

残念ながら今回は雪見風呂とはならなかったのですが、1日フライトしてきた身体を解すには最高でした。

f:id:shingosfc:20211129143228j:image温泉に浸かってると、搭乗時間がアッと言う間に迫ってきます。
f:id:shingosfc:20211129143246j:image東京まで、どうぞ宜しくお願い致します。
f:id:shingosfc:20211129143305j:image 本日のお座席は、2D。

何ともごっつい座席。

敢えて窓側を選ば無かった理由は、そう。

この座席に座る為です。

もっと言うと、この座席に座る為だけに最終便へ変更しました。
f:id:shingosfc:20211129143319j:image

普通席なのに、この足元の余裕っぷり。

先程のプレミアムクラスよりも間違い無くゆとりある座席となっています。

f:id:shingosfc:20211129143333j:image

国際線機材なので、個人モニターもあり。

艦長席とも呼ばれている1Dにしようかとも思ったのですが、離着陸時にモニターを見る事が出来ません。

その点、2Dならプッシュバックもバッチリ見れて、否が応でも気持ちも高まりまくってきます。

f:id:shingosfc:20211129143359j:image

とは言え、普通席なので流石に食事などは出ません。

と言う事で、ここはROYCE´で買ったパンをお持ち込み。

f:id:shingosfc:20211129143704j:image座席右側にある大収納。

何、この半端ない収納力Σ(o゚Д゚ノ)ノ!?

なんか、A380のサイドポケットを彷彿させるぐらいの大きさでした。

これ、使いこなせれば凄く便利ですね。
f:id:shingosfc:20211129143412j:image

f:id:shingosfc:20211129143425j:imageそして、テイクオフ。

そう、この瞬間。

至極の時間。

f:id:shingosfc:20211129143448j:image安定飛行に入り、束の間の鬼滅タイム。

shingosfc.hatenablog.jp

これ、ちょうど1年前に書いた記事。

1年越しに、実現。

やはり、色々と調整とか大変だったんでしょうね。

鬼滅ジェット、是非とも乗ってみたいなぁ・・・。
f:id:shingosfc:20211129143458j:image鬼滅を2話見たら、すぐ東京。

f:id:shingosfc:20211129143510j:image

f:id:shingosfc:20211129143519j:image

f:id:shingosfc:20211129143527j:imageランウェイ34R、ランディングッ!

今日1、楽しい時間でした。

 

普通席料金で楽しめる国際線ビジネスクラス

他にも国際線機材のビジネスクラスはあれど、国内線普通席扱いでとなると、この763の国際線機材ビジネスクラスシートが(現時点では)ANA最高級の国内線普通席なんじゃないかしら?と私は勝手に思ってます。 

いつもは窓側しか勝たん!な私が、この座席なら真ん中一択となるぐらい、最高です。

 

ただ。

年末には今年の秋に乗りそびれてしまったダッシュ10が国内線にも導入され、ビジネススタッガードが普通席扱いになるとの事なので、こちらが出たら普通席最高の座は明け渡しとなりそうですね。

うーん、こっちも是非、載ってみたい・・・

ANA国内線最長路線プレミアムクラス搭乗記

f:id:shingosfc:20211120000000j:image

 

ANAの国内線としては最長を誇る、沖縄那覇空港から北海道新千歳空港への路線。

3月のバースディフライトに選んだ時は、敢えなく欠航となった為に泣く泣く断念するに至りました。

なので今回は、差し詰め『リベンジフライト』的な感じでの予約となりました。

f:id:shingosfc:20211120081130j:image

距離にして1379マイル。

約2220キロと言う超々距離、正に国内線最長路線です。

国際線なら当たり前な距離でも、国内線での3時間超のこの路線が再び『欠航 』とならぬ様、祈りながら過ごしてました。

f:id:shingosfc:20211120074857j:image

なので、那覇空港のカウンターに現れた『札幌』と言う文字を見て、『やっーと、乗れるよ・・・』と安堵しました。

f:id:shingosfc:20211120074909j:image

と思ったら、ANAからメールが。

『今更、何よぉ・・・』と恐る恐る確認してみると、搭乗口が38Aに変更との事。

バスに変わっちゃった・・・て方もいそうですが、私個人は空港内のバスはウェルカムです。

とにかく、無事に飛んでくれそうです。

f:id:shingosfc:20211120074918j:image

バスから降りると、目の前には本日の搭乗機JA77ANのお姿が。

シュッ、とした整った横顔。

これから風を切りながら北の大地まで一っ飛びしてくれます。

f:id:shingosfc:20211120074926j:image

沖縄から北海道までの長旅ですが、どうぞ宜しくお願い致します。

f:id:shingosfc:20211120074942j:image

何処かのブログでK席がお勧め♪とあったので、今回のお座席は1K プレミアムクラスをチョイス。

気が付くと大型ディバイダーの脇に、チョコンと置かれている物が。

f:id:shingosfc:20211120075341j:image

f:id:shingosfc:20211120075350j:image

沖縄発のP席限定で、ジョンマスターオーガニックのアメニティーセットをプレゼント、との事。

いつも(笑顔?で)飛ばさせてくれてる家内にナイスなお土産が1つ出来ました。

f:id:shingosfc:20211121201759j:image

f:id:shingosfc:20211120080729j:image

ポーンポーンと4回チャイムが鳴り、機は南の島から北の大地に向けテイクオフ。

f:id:shingosfc:20211120081203j:image

今年はたぶん、これで沖縄は見納めです。

いつ見ても本当に蒼く綺麗な海です。

f:id:shingosfc:20211120085021j:image

安定飛行に入ると、俗に言うP弁のお時間に。

f:id:shingosfc:20211120085031j:image

そして、お決まりの・・・

これ。(笑)
f:id:shingosfc:20211120085039j:image

雲の上で頂く一杯はいつも格別です。
f:id:shingosfc:20211120085715j:image

f:id:shingosfc:20211120085725j:image

この日は日本列島全体が霞が掛かっていて、日本縦断を堪能するのには残念な感じでした。

その代わり、雲の上には綺麗な月。
f:id:shingosfc:20211120085736j:image

f:id:shingosfc:20211120085744j:image

能登半島の辺り。

やはり、スマホカメラではちょっと分かりにくいですね。
f:id:shingosfc:20211120085753j:image

国内線最長路線は伊達じゃありません。

3本目に突入しても、まだまだ全然時間に余裕があります。

f:id:shingosfc:20211121131339j:image

f:id:shingosfc:20211120085803j:image

本州を抜けた頃には、すっかり外も闇に染ままり。
f:id:shingosfc:20211120090117j:image

f:id:shingosfc:20211120090135j:image

そして、夏日の沖縄那覇空港から初雪予想の新千歳空港に無事ランディング。
f:id:shingosfc:20211120090144j:image

3月に乗れなかったANA国内線最長路線。

プレミアムクラス窓側にて3時間、寝落ちする事も無く、きっちり楽しまさせて頂きました。

f:id:shingosfc:20211122235952j:image

実はこのANA国内線最長路線。

もしかしたら、もう乗る事が出来なくなる幻の便となりつつあります。

またもし復活するようでしたら、今度は逆の札幌沖縄便にも載ってみたいな、なんて思っています。

なはなはなは

f:id:shingosfc:20211116082750j:plain
今回は凄く久し振りの那覇です。
那覇に行くなんて一体いつ以来?
と、過去のログを振り返って見たら
6月に行ったっきりでした。
ちょっと贅沢な国内旅行 - ANA SFC 修行記
f:id:shingosfc:20211116082800j:plain
フライトまで少し時間もあったので
何か食べよかなとも思ったのですが
寝不足な事もあってか食欲も湧かず
ここはリアルゴールドをチョイスし
エネルギー回復を謀ります。
f:id:shingosfc:20211116092546j:plain
平素より大変お世話になっている
ドリームライナーさん。
本日も南国は沖縄那覇空港まで
どうぞ宜しくお願い致します。
f:id:shingosfc:20211116092604j:plain
本日のお座席、5A。
富士山ビューとなるK列を選ぶ事が
沖縄往路では比較的多いのですが、
今回は睡眠を優先しバルクヘッドの
5Aを指定しました。
f:id:shingosfc:20211116185218j:plain
旅の始まりを実感するこの絵面、
いつ見ても心底ワクワクします。
いざ、沖縄に向けてテイクオフ。
f:id:shingosfc:20211116185248j:plain
離陸後、即、安定飛行に入ったので
ドアの窓から富士山をパシャリ。
f:id:shingosfc:20211116185304j:plain
飛行機はアッと言う間に浜名湖へ。
ここまで車で来ると鬼疲れるのに。
飛行機って本当、凄過ぎっすわ。
ここから暫くは海の上です。

お隣さんもいない、快適な5A席。
足を伸ばし惰眠を貪りました。
f:id:shingosfc:20211116185332j:plain
f:id:shingosfc:20211116185342j:plain
目が覚める頃には、もう与論島
那覇空港まで、間も無くです。
f:id:shingosfc:20211116185416j:plain
f:id:shingosfc:20211116185429j:plain
f:id:shingosfc:20211116185442j:plain
色彩鮮やかな沖縄那覇空港に到着。
やぱり沖縄の海は格別です。
そして、気温は25℃。
とても11月とは思えません。
f:id:shingosfc:20211116230945j:plain
睡眠用?として会議の録音を音楽に
その大半は寝落ちしてたのですが、
さすがはドリームライナーさん。
この後に控えるフライトに向けて
快適な睡眠を取る事が出来ました。
ありがとうございます。
f:id:shingosfc:20211116231017j:plain
本当は凄く久々の那覇空港なので
ゆっくりと過ごしたかったのですが
残念ながらそんな時間は全く無く。
娘に沖縄フライトを許して貰うのに
免罪符的な役割を担ってくれている
一撃必殺のお土産だけを買い込み、
A&Wにてドリームライナーさんを
眺めながら忙しなく食事をした後、
次のフライトに向かいました。

レストラン FLYING HONU

f:id:shingosfc:20211025232514j:plain
f:id:shingosfc:20211025192229j:plain
国際線で海外へ飛んで行けない今、
『せめて雰囲気だけでも・・・』
とレストランフライングホヌに
親子で参加して来ました。
f:id:shingosfc:20211025192240j:plain
前日にフランスのトゥールーズから
ホヌ3号機ラーが到着したばかりで
『もしかしたら!?』
f:id:shingosfc:20211025192245j:plain
とか淡い期待をしたのですが・・・
残念ながらラーは健康診断で
即ドック行きとの事でした。
f:id:shingosfc:20211025232813j:plain
成田空港に少し早く着いたので、
国内線ターミナルを軽く探索した後
f:id:shingosfc:20211025232903j:plain
チェックイン。
横長のボーディングパス。
国内線の搭乗券との違いに
テンションも上がります。
f:id:shingosfc:20211025233024j:plain
CAさんの御一行様。
本日はどうぞ宜しくお願いします。
f:id:shingosfc:20211025233106j:plain
ほんと、ホノルル行きたい。
f:id:shingosfc:20211025233157j:plain
先ずは1号機、ラニへ。
初就航便以来の搭乗です。
FLYING HONU - ANA SFC 修行記
f:id:shingosfc:20211025233210j:plain
真っ直ぐ前を見据えています。
f:id:shingosfc:20211025233328j:plain
傘を差してくださるお心配り。
最初は機材見学。
f:id:shingosfc:20211025233342j:plain
ビジネスクラスペアシート。
f:id:shingosfc:20211025233416j:plain
このシートならホノルル行きも
更に楽しくなりそうです。
そして、ファーストクラスへ。
f:id:shingosfc:20211025233603j:plain
f:id:shingosfc:20211025233440j:plain
『今回、1番楽しかったぁ!!!』
と言ってました。( =^ω^)ウンウン
f:id:shingosfc:20211026075140j:plain
対面で並んでも食事が取れる広さ。
f:id:shingosfc:20211103213951j:plain
見学機である1号機に別れを告げて
f:id:shingosfc:20211103214322j:plain
ニコニコ笑顔が特徴の
f:id:shingosfc:20211026080408j:plain
レストラン機となる2号機カイへ。
f:id:shingosfc:20211028203933j:plain
機長さんによるお出迎え(*・д・)!?
f:id:shingosfc:20211028204901j:plain
ANAカウチシートがアサイン。
上の座席クラスが取れなかったので
『せめてカウチだと良いなぁ』
と思ってたので、座席番号を見た時
独りこっそり狂喜乱舞。(笑)
f:id:shingosfc:20211028204914j:plain
食事の前に手を洗いに行きます。
このハンドソープの香り、大好き。
f:id:shingosfc:20211028204931j:plain
メニューも可愛い。( =^ω^)ウンウン
f:id:shingosfc:20211028204939j:plain
そして・・・国際線機内食
キタ━ーー(゚∀゚)ーー━!!!
f:id:shingosfc:20211028204954j:plain
前に通販の機内食も購入しましたが
どうやってもこの雰囲気は出せず。
飛行機のシートで食べる機内食
これに勝る物、無しです。
f:id:shingosfc:20211028205013j:plain
そして、機内でハーゲンダッツ
これまた、極上の時間。
沖縄線でも欠かさず食べてたのに
今じゃ国内線でも食べられない。
早く、復活して欲しいところです。
f:id:shingosfc:20211028205416j:plain
ハワイの虹は6色。
f:id:shingosfc:20211028205423j:plain
神曲、Another Sky。
f:id:shingosfc:20211028205428j:plain
やはり、フライングホヌは特別。
とても楽しい時間が過ごせました。
f:id:shingosfc:20211028205434j:plain
お留守番の妻へのお土産。
このどら焼も美味しかったです。





2019年5月24日初便搭乗時、
『再びホノルルへ行けないっ!?』
なんて全く思いもしませんでした。

どうか、次に娘が乗る海亀さんが
ホノルル行でありますように・・・

モンフラ

f:id:shingosfc:20210929210610j:plain
とあるフェイスブックのグループで
今、超ウルトラ大絶賛流行している
オホーツク紋別空港タッチ。
通称、『モンフラ』。
その超楽しそうな様子を眺めてたら
ついウズウズしてきてしまい・・・
f:id:shingosfc:20210929101312j:plain
エイッ!ポチっとな、
って感じで発券しちゃいました。
12:30に到着して、
13:10に出発する、
良い感じのタッチっぷりです。


f:id:shingosfc:20210929211131j:plain
モンフラタッチの始まりはここ、
東京国際空港から。
f:id:shingosfc:20210929211141j:plain
幹線路線に乗る事が多い私にとって
バスとか言って楽しみ過ぎます。
f:id:shingosfc:20210929211233j:plain
何、このパノラマー!
テンション、ぶち上がりです。
そしたら、急にバスが停車。
航空機が近付いて来たので
止まりますとの事。
f:id:shingosfc:20210929211248j:plain
ぬぉー、着陸したてのダッシュ8、
チョー近いっ!
f:id:shingosfc:20210929211314j:plain
そして、本日の搭乗機。
f:id:shingosfc:20210929211337j:plain
オホーツク紋別空港まで
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
f:id:shingosfc:20210929211352j:plain
窓側が空いてたのでP席、1Aへ。
運良くお隣も空席だったので
スーパープレミアムクラスに。
f:id:shingosfc:20210929211838j:plain
オホーツク紋別空港へ向け、
クリアード フォー テイクオフ !
f:id:shingosfc:20210929211929j:plain
東京湾を抜け
f:id:shingosfc:20210929211940j:plain
スカイツリーに見送られながら
一路紋別へ。
f:id:shingosfc:20210929211951j:plain
現地で食事できる時間は皆無なので
しっかりと機内で腹拵え。
f:id:shingosfc:20210929212003j:plain
そして、お約束の1枚。(笑)
f:id:shingosfc:20210929212014j:plain
旭川空港が眼下に見えてくれば
間も無く紋別です。
f:id:shingosfc:20210929212024j:plain
さすがは北の大地、
木々の紅葉も早い。
f:id:shingosfc:20210929212513j:plain
初めまして、オホーツク海
f:id:shingosfc:20210929212543j:plain
そして、絵具のような青い空の下、
オホーツク紋別空港に到着。
この日の375便、約10分遅着。
20分前には保安検査場入りの為、
実質約10分しか時間無し・・・
f:id:shingosfc:20210929212756j:plain
何よりも、まず先に紋太くん購入。
紋別観光振興公社の皆様との会話も
凄く楽しくお祭り気分になれます。
f:id:shingosfc:20210929212837j:plain
紋別アヒージョを買って参れ!』
と妻からのお土産指令。
フライト中にラインが来てました。
f:id:shingosfc:20210929212844j:plain
お店中を探しても全く見当たらず。
店員さんにお伺いしてみると・・・
『実は、たまたま昨日、
 入って来たんですよ。』
と奥から最後の2つを
取り出して来てくれました。
僅かな時間内で見付ける事ができた
と言う高揚感と達成感に浸りながら
値段も中身も見ず即お買い上げ。
この必死に探した紋別アヒージョ。
タラバガニ・タコ・ホタテ入りだと
家に着いてから知る訳なのですが、
実は私は甲殻類アレルギー持ち
と言うオチ付きのお土産でした。
f:id:shingosfc:20210929213210j:plain
遅着だったのに、定刻出発。(泣)
でも、定時出航にはご協力します。
f:id:shingosfc:20210929213229j:plain
JA57ANをパチパチ撮ってたら
フェイスブックのグループの方から
『飛行機との写真、
 お撮りしましょうか?』
と温かいお声掛けを頂きました。
お恥ずかしいので自分の写真なんて
滅多に撮って貰わない私なのですが
謎のお祭りテンションも手伝ってか
思わず撮って頂いてしまいました。
f:id:shingosfc:20210929213247j:plain
お祭り騒ぎに浮かれる男。(苦笑)
f:id:shingosfc:20210929213503j:plain
P席の窓側に空席が無かったので
帰りの便は普通席に。
f:id:shingosfc:20210929213517j:plain
とは言っても・・・
隣りどころか5列目は私しかおらず
スーパー普通席となりました。
f:id:shingosfc:20210929213850j:plain
職員皆様の、心温かいお見送り。
離陸し終わるまでずっとずっと、
お見送りしてくださっていました。
f:id:shingosfc:20210929214416j:plain
また、来るもん。
f:id:shingosfc:20210929213906j:plain
名残は尽きねど、いざ東京へ。
f:id:shingosfc:20210929214435j:plain
南の海も綺麗ですが
北の海も凄く綺麗です。
f:id:shingosfc:20210929214459j:plain
寝不足かつ空きっ腹の状態に加えて
往路で飲酒しちゃった事もあって、
スーパー普通席にて爆睡していたら
アッと言う間に東京へ。
f:id:shingosfc:20210929214506j:plain


ほ~んの軽い気持ちでポチってみた
今回のモンフラタッチ。
リピーターが圧倒的に多い理由が
凄くよく分かりました。
『あー、早く再モンフラしたい』
と思えてしまうぐらい・・・

モンフラタッチ、マヂお薦めです!




※おまけ※
本日10月5日は紋太くんの誕生日
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

アナザースカイ

あんなに患っていた飛びたい病。
7月末の宮古島旅行を機に
何故だか治ってしまいました。
仕事の方も責任の重いのが重なり
直近に入ってたフライトは全て
『断捨離じゃー!!!』
とばかりに躊躇無くキャンセル。









そんな、ある日。
通勤中にユーチューブを見てたら
久々に目に止まってしまい・・・
www.youtube.com
コメント欄に書き込まれている
ANA好きの方々の想いを見てると
電車の車内であるにも拘わらず
目頭も熱くなってきてしまい・・・

さすが、神曲アナザースカイ。
心の琴線を鷲掴みにしてきます。


そして、フライングホヌ。
2019年5月24日の初就航便。
離陸した瞬間、機内中に沸く拍手。
朝日に輝くブルーハワイ。
たまたまお隣りに乗り合わせた
私と境遇が酷似な乗りヒコさん。
日本とは違う、海の色。
shingosfc.hatenablog.jp




ホヌかぁ・・・

f:id:shingosfc:20210919213352j:plain
f:id:shingosfc:20210919213227j:plain
さすが、FとCは既に『空き✕』。
ただ、PYとYはキャン待ち可能。

まぁ、堕ちて来たら行こうかなぁ?
ぐらいで気楽にポチりました。







すると・・・

f:id:shingosfc:20210922205715j:plain
f:id:shingosfc:20210922212550j:plain
Y席ですが、墜ちて来ましたっ!
やっぱ、キャン待ちが堕ちて来ると
否が応でもテンションは急上昇!
f:id:shingosfc:20210922205919j:plain
これも、何かの縁。
ホヌでの家族ビジネスクラス旅行は
去年に続いて今年も涙、涙の
連続キャンセルとなりましたが。
またもや溶けていく・・・ - ANA SFC 修行記

レストランでもいいじゃない
ホヌだもの
しんご

想い出を詰め込んで・・・

宮古島旅行、最終日。

ラニワホテルをチェックアウトし
soraniwa (ソラニワホテル&カフェ) - ANA SFC 修行記
ダグズ・バーガーにてお昼ご飯。
ダグス・バーガー&ダグス・グリル - ANA SFC 修行記


宮古空港に行くまで少し時間があり
砂山ビーチを経由して行く事に。
f:id:shingosfc:20210810010709j:plain
アップダウンの激しい砂道を行くと
f:id:shingosfc:20210810010312j:plain
f:id:shingosfc:20210810010324j:plain
一面エメラルドグリーンの海。
f:id:shingosfc:20210810010444j:plain
f:id:shingosfc:20210810010451j:plain
f:id:shingosfc:20210810010457j:plain
落石防止用の柵が出来てしまってて
これが無ければ更に絶景でした。
f:id:shingosfc:20210810010507j:plain
この日は南国の陽射しガンガン。
海の色も鮮やか過ぎて別れ難し。
f:id:shingosfc:20210810010519j:plain


レンタカーを返し、宮古空港へ。
f:id:shingosfc:20210810012254j:plain
767に乗るのも、久し振りです。
f:id:shingosfc:20210810012302j:plain
東京まで
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
f:id:shingosfc:20210810013812j:plain
このまま反転したら、一路東京へ。
f:id:shingosfc:20210810013923j:plain
本当に本当に綺麗な蒼。
f:id:shingosfc:20210810013844j:plain
伊良部島下地島に挨拶をし
f:id:shingosfc:20210810014754j:plain
宮古島に別れを告げ
f:id:shingosfc:20210810014936j:plain
東京に向け一直線。
f:id:shingosfc:20210810014806j:plain
慶良間諸島を抜け
f:id:shingosfc:20210810015353j:plain
機は飛び続けます。
f:id:shingosfc:20210810015412j:plain
その間、娘はANAワイファイの虜
( ̄▽ ̄;)マァ,イイケド
f:id:shingosfc:20210810015526j:plain
日が沈む頃、羽田アプローチ。
f:id:shingosfc:20210810020117j:plain
東京に無事、凱旋。
f:id:shingosfc:20210810020205j:plain
いつもいつも楽しい旅を
本当にありがとうございます。
f:id:shingosfc:20210810020405j:plain


台風のドタバタ劇からスタートした
今回の宮古島家族旅行。
2021年 夏 宮古島旅行 - ANA SFC 修行記
娘に見せたい絶景、17エンド。
17エンド 再び - ANA SFC 修行記
超至近距離で見れたホヌ&ニモ。
ホヌ & ニモ - ANA SFC 修行記
想像以上に感動した天の川。
断トツ ナンバー1 - ANA SFC 修行記
宮古島での沢山の想い出を詰め込み
帰宅の途に着きました。
f:id:shingosfc:20210810020712j:plain

断トツ ナンバー1

f:id:shingosfc:20210809020552j:plain
ウミガメをお願いしたタクさんには
初日は星空、2日目はウミガメ。
こんな感じでお願いしていました。


初日、ダグス・グリルに入る前。
平良の方はかなり雲が出てました。
タクさんとはこうしてタイムリーに
ラインでやり取りが出来るので
臨機応変に動く事が出来ました。
f:id:shingosfc:20210809021817j:plain
ダグス・グリルでの食事が終わると
やはりこの日は持ちこたえられず。
初日夜の星空フォトは中止に。
f:id:shingosfc:20210809021823j:plain
翌日の夜に繰り越しです。


沖縄っぽい物を食べたい、
と妻からの大変貴重なご意見を受け
2日目の夕食は郷家さんへ。
f:id:shingosfc:20210809074250j:plain
この時、空には隙間無く分厚い雲。
今日も夜、厳しいかなぁ・・・
と暗雲立ち込める雲行きでした。
(日中は痛いぐらい晴れたのにな)
f:id:shingosfc:20210809074301j:plain
沖縄・宮古の食材一杯。
f:id:shingosfc:20210809074308j:plain
緊急事態宣言を受けて残念ながら
アルコールの提供は無し。
その分、ノンアルコールが充実。
ドライバー的には有難い事です。
f:id:shingosfc:20210809074314j:plain
三線ライブもあり。
かの有名な島歌も
その歌詞の意味を知って聴くと
より沁みてくるものがありました。


食後も相変わらず、厳しい雲行き。
今日の内にお土産を買っておきたい
と、妻からリクエスト。
約束の8時半までは少し時間もあり
マックスバリュへ移動。
f:id:shingosfc:20210809144855j:plain
色々とお土産を買って外に出ると
1個だけ、凄く光り輝く星が。

と同時に、雨も降ってきました。
ただ、根拠も何も無かったのですが
何故か雨はすぐ止む気がしました。

まぁ、このままホテルへ帰っても
それで終わっちゃうし。
取り敢えず、指定のムスヌン浜まで
車を走らせてみる事に。

しかし、何とも真っ暗な道。
ナビとグーグルマップだけが頼り。
いつしかワイパー要らずとなり
何とかムスヌン浜に到着。


真っ暗闇の中、先に私が車の外へ。

『うわっ!?』

ほんと、この声を出してました。
それぐらい、満天の星空が。

妻と娘にも、車の外に誘います。
タクさんにも、ライン。
f:id:shingosfc:20210809150147j:plain
ラインして1分ぐらいでタクさん。
実は、タクさんも向かってくれてた
との事でした。

今日、正直難しいと思ってました。
持ってますね。
とタクさん。


タクさんの懐中電灯を頼りに
30秒ほど海岸へ向かって歩くと
そこには・・・
f:id:shingosfc:20210809151457j:plain
f:id:shingosfc:20210809151505j:plain
f:id:shingosfc:20210809151653j:plain
f:id:shingosfc:20210809151701j:plain
f:id:shingosfc:20210809151708j:plain
f:id:shingosfc:20210809151715j:plain
宮古島最後の夜、
思いもしない僥倖に恵まれました。



娘にとってはシギラ温泉のプールが
ナンバー1になったみたいですが、
私にとってはこの星空フォトこそが
この宮古島旅行で断トツナンバー1
の想い出となりました。

ホヌ & ニモ

f:id:shingosfc:20210808025243j:plain
台風6号は避けられたと言っても
予報は引き続き雨や曇りの天気。
『17エンドの絶景を見せる』
と言う最大の目的は果たした今、
天候が崩れてもOKなものとして
シュノーケルをする事にしました。

ふらり普通に新城海岸にでも行って
普通にクマノミウォッチでもすれば
良いかなぁー、とか思ったのですが
たまたまjooycameraさんの頁が
目に止まりました。

ウミガメかぁー
ちょっと相談してみよっかな、
て事でメールを送ってみました。
とても感じの良い対応だったので
そのままお願いしてみる事に。

12時に新城海岸で、と指定あり。
うーん12時かぁー
ちょっと半端な時間だなぁー

ただ、指定された場所は偶然にも
元々考えていた新城海岸だったので
まぁ、むしろちょうど良っかぁー
と思う事にしました。


f:id:shingosfc:20210808025308j:plain
12時少し前、指定の新城海岸へ。
f:id:shingosfc:20210808025316j:plain
うーん、曇マシマシの超ドン曇り。
晴れてれば、ここ新城海岸も綺麗な
ヤコブルーが見れるのになぁ。

お世話になるタクさんと合流。
そのままビーチエントリーから
ウミガメを探しに行く事に。
個人的にボートは好きじゃ無いので
ビーチエントリーは嬉しいのですが
そんなんでウミガメ、見付かるん?


















とか思ってたんですが・・・
f:id:shingosfc:20210808031050j:plain
タクさん、ごめんなさい(;>_<;)人
f:id:shingosfc:20210808031135j:plain
まさか、こんなガッツリ見れるとは
Σ ゚Д゚≡( /)/エェッ!

時間、潮位などをきちんと計算して
場所と時間を決めてくれてたらしく
やっぱプロは違うなぁー( ^ω^ )
とまざまざと感じてしまいました。


ここはついでにとばかりに
クマノミも、ダメすかね?』
と聞いたら快諾してくれました。

そして、泳ぐ事、3分・・・

f:id:shingosfc:20210808031607j:plain
いたぁー!!!Σ(*゚д゚ノ)ノ
f:id:shingosfc:20210808031625j:plain
いやいや、亀と言いクマノミと言い
いとも簡単に見付けちゃうなんて
凄過ぎっしょ。
私だけだったら、絶対に無理。
タクさんに頼んで本当に良かった。






プールを何よりも楽しみとする娘。
この後、保良泉ビーチ・パークヘ。
新城海岸からは車で10分ちょい。
f:id:shingosfc:20210808233713j:plain
ウォータースライダーは休止だけど
他は平気そうなので行ってみると。

なっ、なんと休み!?

公式ホームページにも書いて無い。
娘のテンション、超絶激下がり。
今にも泣きそうな勢いです。


宥めながらホテルに向かってた時、
『確か、シギラに温水プールが』
ほぼ、通り道だし
ダメ元で行ってみる事に。
f:id:shingosfc:20210808234504j:plain
宿泊予定の時も、時間があれば
行ってみようと思ってた
シギラ黄金温泉。
f:id:shingosfc:20210808233135j:plain
ここでも、ジャグジー
f:id:shingosfc:20210808233143j:plain
夏空の下、癒されます。
f:id:shingosfc:20210808233225j:plain
この頃には肩を突き刺す陽射しが。
c(>_<。)シ*イッ,イタイッイタイッッ
f:id:shingosfc:20210808233233j:plain
娘のテンションは一撃で最高潮に。
娘的には、このプールが宮古島
1番楽しかった事だとの事・・・
(´ι _`  )ウミヨリプールナノデスネ?ヨカッタデスネ
(ミヤコジマデナクテモプールナラトウキョウニモアルヨネ?)

名前の通り(日帰り)温泉なので、
身体も綺麗に洗えます。
私としてもシャンプーで頭が洗え
すっきりさっぱり出来ました。

ピンチがチャンスに。
笑顔でホテルに戻れました。

ダグズ・バーガー&ダグズ・グリル

旅行最終日のお昼ご飯は
ダグズ・バーガーと決めてました。

宮古発の便の時間は決まっていて
行きたい時間がブレる事も無いので
予約したい旨のメールをしました。
すると、執行役員の方より
お返事を頂戴してしまい
とても恐縮してたのですが、
とあるご提案を頂きました。
f:id:shingosfc:20210807114052j:plain
元々は前泊の那覇では娘の大好きな
ジャッキーステーキ。
1泊目の夕食は宮古島東急でBBQ
と肉肉尽くしの予定でした。
それが両方頓挫してた所だったので
とてもありがたいご提案でした。
塊肉、一体どんな肉なんだろ?
よしっ、折角のお誘いだっ!
て事で、ダグズ・グリルの方も
併せて予約をさせて頂きました。



ジャグジーでサッパリした後、
ダグズ・グリルへ。
f:id:shingosfc:20210807085259j:plain
ステーキ的な物を想定してたので
こんな感じのテーブルセッティング
が来るのは想定外でした。
f:id:shingosfc:20210807085314j:plain
前菜などを楽しませて頂いた後、
いよいよご対面です。
f:id:shingosfc:20210807085332j:plain
まさに、塊っ!!!
多良間牛サーロインの塊!!!
f:id:shingosfc:20210807085342j:plain
これをナイフでザクザク切って
バクバク食べていきます。
f:id:shingosfc:20210807085351j:plain
ダグズ・ハンバーグステーキ、
こちらも負けず劣らず美味。
初日の夕御飯、大満足です。



ところ変わって、最終日のお昼。
ラニワホテルをチェックアウトし
ダグズ・バーガーへ。
f:id:shingosfc:20210808011426j:plain
テーブル席に通して頂きました。
f:id:shingosfc:20210808011643j:plain
f:id:shingosfc:20210808011652j:plain
クフフッ、来ました来ましたっ♪
f:id:shingosfc:20210808012210j:plain
実食!
f:id:shingosfc:20210808012929j:plain
からの、満面の笑み。

娘的には宮古島で食べた物の中で
断トツに1番美味しかったっ!!!
と星5つを頂戴致しました。

soraniwa (ソラニワホテル&カフェ)

台風によるリスケの前は前泊を那覇
1泊目 東急  2泊目 シギラ
と鉄板な所を予約していました。

ただ、1週間予定がズレたが為に
値段はウルトラ超絶跳ね上がり。
夏休み本番に突入する時期でもあり
泊まりたかった部屋は既に満室。

そんな中、5月の独り宮古島の時に
気になってたホテルがありました。
検索してみると、空き有りっ!!!
即、予約。


と言う事で、これから2泊3日
お世話になります
ラニワホテル&カフェさんです。
(全景を取り忘れる失態ぶり・・・)
f:id:shingosfc:20210806202910j:plain
17エンドで渇いた喉を潤しながら
チェックイン手続き。
f:id:shingosfc:20210807231455j:plain
エキストラベッドを入れて貰っても
この広さ。
f:id:shingosfc:20210806202931j:plain
そして、窓一面に広がる海。

f:id:shingosfc:20210806202939j:plain
しかし、部屋に入ってもソソクサと
階段を上がって屋上へ向かいます。
f:id:shingosfc:20210806202950j:plain
テッテレー、スカイジャグジー!!
『(*゜д゜*)エッ!?エッッ!?ナッ,ナニコレッ???』
うちの娘も浮き足だってます。(笑)
f:id:shingosfc:20210806203006j:plain
まぁ、そりゃそうなります。
紺碧のミヤコブルーを眼前にして
ジャグジー貸切ですもん。
f:id:shingosfc:20210806203014j:plain
この後に車の運転が無ければマヂに
シャンパン持ち込みたかった。(泣)


翌朝。(2日目)
f:id:shingosfc:20210807231652j:plain
朝方は曇、多め。
f:id:shingosfc:20210806211800j:plain
朝食は和食と洋食が日替わりです。
この日は、洋食。
オムレツ、ラタトゥイユ、スープ。
本当に全部美味しい。
パンもジャムが地産のジャムで
絶品過ぎました。
カフェが超人気店なのも頷けます。
f:id:shingosfc:20210806211808j:plain
食べ終わる頃には南国の陽射しが。


日中に遊び廻った後、部屋に戻ると
再び綺麗なお部屋になってました。
f:id:shingosfc:20210806211941j:plain
2日目も気持ち良く眠れました。
夜は満点の星空の下でジャグジー
f:id:shingosfc:20210807080103j:plain
って、真っ暗ですね・・・
娘は流れ星、11個見付けたと
はしゃいでおりました。


最終日。(3日目)
f:id:shingosfc:20210807231924j:plain
この日の朝食は和食。
宮古の物を沢山使った朝食、
もちろん完食。
f:id:shingosfc:20210807074321j:plain
サンピン茶が苦手な娘に対し
その場でマンゴージュースに変更
と言う奥様からのお気遣い。
f:id:shingosfc:20210807074331j:plain
滞在してて至る所にお気遣いがあり
2泊3日、本当に快適でした。
最終日は鮮やかなミヤコブルーを
眺めながらチェックアウト。


全ての料理が美味しいご主人と
細やかな気配りをされる奥様。
オーナーご夫婦の心地好い接客に
ここを選んで大正解だった!
と思える宿泊となりました。

17エンド 再び

f:id:shingosfc:20210804010457j:plain
誰かに見せたい景色、17エンド。
17エンド - ANA SFC 修行記
5月に独り17エンドに行った時、
妻と娘にも見せてあげたいなぁー!
とメッチャクチャ思っていただけに
今回の連続台風にはマヂほーんとっ
ヤキモキさせられっぱなしでした。


レンタカーを借りてドンキに寄り、
これからの入り用を調達。

そして、そのまま伊良部大橋へ。
f:id:shingosfc:20210804015803j:plain
到着したその日は残念ながら、
まだ少し雲が残っていました。
f:id:shingosfc:20210804020211j:plain
もっとも、これからの2泊3日間。
翌日からは伊良部大橋も
その綺麗な碧を見せてくれました。


まずは伊良部そばかめにて腹拵え。
f:id:shingosfc:20210804020218j:plain
この時の空、超ドン曇り。
f:id:shingosfc:20210804020224j:plain
私はかめそば(大)にAセット。
三枚肉、軟骨ソーキ、ゆし豆腐など
大満足な逸品。
加えて、マグロのにぎり寿司。
店長のイチオシとあったので追加。
メッチャ美味しかったです。



17エンドに到着。
f:id:shingosfc:20210804021812j:plain
到着した直後はまだ雲が残っていて
5月に来た時のような蒼さは無し。



ただ、一旦、陽射しが射すと・・・
f:id:shingosfc:20210804021823j:plain
そうっ!!
まさに、これっ!!!

今回の家族旅行を宮古島にしたのは
この景色を知って欲しかったから!

と言っても決して過言では無く。

干潮時にだけ現れる、白浜。
f:id:shingosfc:20210804022036j:plain
f:id:shingosfc:20210805234608j:plain
f:id:shingosfc:20210806012436j:plain
f:id:shingosfc:20210805234617j:plain
透明度が半端無いです。
f:id:shingosfc:20210804022247j:plain
誰かが書いたものを借景。
f:id:shingosfc:20210804022410j:plain
父と娘(笑)
f:id:shingosfc:20210804022418j:plain
娘に見せたかった景色、
17エンド。






私としては、今回の旅行。
これで完全に目的を果たしたので、
後はもう雨でも全然良いやー(笑)
ぐらいに思っていたのですが。


まさか、この後。
この宮古島
更なる絶景に出逢えるなんて、
この時は
夢にも思っていませんでした・・・

2021年 夏 宮古島旅行

f:id:shingosfc:20210726205652j:plain
まさかの台風6号発生により
延期になってしまった宮古島旅行。
3泊4日で組んでいた旅程が
2泊3日になってしまうものの
1週間延期すればっ、て事で何とか
無事に決行の運びとなりました。






の、はずだったのですが・・・

今度はまさかの台風8号!?
f:id:shingosfc:20210726210610j:plain
( -_・)?ナンダナンダ,コノタイフウノタタリハ

ただ、もう予定変更は無理。
さすがに台風じゃキツいけど
雨ならまぁ良いじゃん、と妻の弁。
(*´・д・)?エッ?ソウナノ?アメナライイノ?
と言う事で、決行する事に。
(便が欠航しなけば、だけど・・・)



日数が減った補完の意味も含め
朝一番の便に振り替えしたので
蒲田で前泊する事にしました。
妻と娘は先にチェックイン。
私は仕事を終わらせてから
そのまま駆け付け。
f:id:shingosfc:20210730102845j:plain
前泊地、東急ステイ蒲田。
f:id:shingosfc:20210730102859j:plain
風呂も入って寛いでいる先発隊に
部屋は占拠され全景は撮れませんが
駅から近く、何よりも綺麗で広く
とても好印象です。



翌朝は蒲田始発の羽田空港行き。
f:id:shingosfc:20210730102911j:plain
ホテルから出て駅に向かう道中では
全く傘も要らないレベルだったのに
駅舎に入るか入らないかの瞬間、
土砂降りの雨が襲ってきました。
f:id:shingosfc:20210730102922j:plain
少し余裕を持って到着したんですが
始発電車と言う事もあってなのか
既に車内で座り待ちできました。
f:id:shingosfc:20210730102938j:plain
この景色、
いつ来ても旅の始まりを感じます。
f:id:shingosfc:20210730103036j:plain
チェックインを早々に済ませ、
軽く喉を潤し搭乗ゲートへ。



本日の搭乗機、JA804A。
f:id:shingosfc:20210730103055j:plain
通称78M、国際線機材です。
振り替えをした時点では那覇まで
76Pの予定、でした。
f:id:shingosfc:20210730103107j:plain
先週の台風6号の影響でしょうか。
まさかの大型化と相成りました。
(*゜ロ゜)メズラシイコトモアルモンダー
f:id:shingosfc:20210730103125j:plain
あれっ!?
あれれっ!?
台風はっっ?????
兎にも角にも、何とか心配してた
台風8号からは逃げ切れそうです。
f:id:shingosfc:20210730103223j:plain
モニターに釘付けの御二人様。
各々、見たいエンタメを鑑賞し
眠くなったら一寝入り。
f:id:shingosfc:20210730103238j:plain
そんなこんなでアッと言う間に
与論島が見える所まで来ました。
f:id:shingosfc:20210730103259j:plain
那覇空港へファイナルアプローチ。
f:id:shingosfc:20210730103311j:plain
本当に沢山の方々に支えられて
楽しい空の旅があるんですね。
f:id:shingosfc:20210730103322j:plain
JA804Aをバックにパチリ。
那覇までご安全に送ってくださり
どうもありがとうございます。



f:id:shingosfc:20210730103330j:plain
ポータマで空腹をチャージして
空港の反対側へ。
f:id:shingosfc:20210730103341j:plain
うちなーの翼さん、
どうぞ宜しくお願いします。
f:id:shingosfc:20210730103350j:plain
宮古までレッツらゴーε=(ノ・∀・)ツ
f:id:shingosfc:20210730103402j:plain
ほんと、近い・・・
f:id:shingosfc:20210730103442j:plain
上昇して、すぐ着陸体制に。
f:id:shingosfc:20210730103451j:plain
色鮮やかなミヤコブルーに迎えられ
f:id:shingosfc:20210730103500j:plain
宮古空港にランディングっ!!!
f:id:shingosfc:20210730103508j:plain
台風に翻弄されてスタートした
宮古島旅行の始まり始まりです。
(;´゚д゚)ゞキジニシタイコト,イッパイ!
イツ,カキオワルコトヤラ・・・