ANA SFC 修行記

PP単価 6.6 でSFCを目指す修行記です

夏休みホノルル争奪戦 Keep My Fare

今年の夏はソウル・石垣を家族旅行したのですが、

早くも来年の夏休みの計画です。

 

SFCを考えた、とても大きな理由の1つ。

『家族3人でホノルル線ビジネスに乗る事』


f:id:shingosfc:20190908231349j:image

 

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2018/09/30/%EF%BC%A6%EF%BC%AC%EF%BC%B9%EF%BC%A9%EF%BC%AE%EF%BC%A7_%EF%BC%A8%EF%BC%AF%EF%BC%AE%EF%BC%B5

 

一般の方が特典航空券で

ホノルル線のビジネスクラスを取ろうとしても

基本的に最大2席までしか取れないので、

3人家族のうちは絶望的に不可。

しかし、SFC会員となれば4席に増える。

これがSFCを目指す大きなモチベートでした。

 

3人で往復のビジネスに乗れる分、もしくは

行きはエコノミー+帰りはファーストに乗れる分の

マイレージを確保。

f:id:shingosfc:20190908231740j:image

あとは、ホノルル争奪戦に臨むだけ。

 

 

しかし、例えSFCになったとしても

ホノルル線は最大の激戦区。

特に夏休みと年末は無理ゲーと言われてます。

 

 

特典航空券は355日前の朝9時から

座席の予約を受け付けてくれるので、

取りたい日にちの数日前から様子見ウォッチング。

ビジネスクラスやファーストクラスは

朝9時00分02秒に予約を取りに行っても

瞬殺で『空席待ち』の表示が出ます。

f:id:shingosfc:20190910235546j:image

ほんと、一体、どうやって取ってんだろ?

と不思議に思うぐらいの無理ゲーぶりです。

 

ウー、このままでは・・・

席を確保できずサヨウナラの可能性が極めて高い。

 

 

 

そこで、ビジネスクラスを諦め。

更に言うと、特典航空券も諦め。

『娘をフライングホヌに乗せてあげる事。』

これを優先にさせようと考えました。

往復をエコノミーで普通に有償発券する方向に

方針を転換です。

 

普通に発券するなら、席はまだまだ沢山あります。

そりゃ、そうですよね。

何てったってA380フライングホヌですもん。

 

2020年8月下旬のホノルル往復の料金。

Value運賃かBasic運賃がその殆どを占め

サーチャージも含めると3人でおおよそ29万円。 

f:id:shingosfc:20190911000348j:image

あとは、良さそうな日程に良さそうな価格が

出るかどうか・・・。

 

毎朝9時。

ビジネスが埋まってる事を確認してから

普通席の品定めをするのが

ここ最近の朝のルーティンとなりました。

 

そんな、ある朝。

いつも通りビジネスの埋まりを楽しんだ後、

普通席の購入金額を見てると・・・。

 

 

 

 

 


f:id:shingosfc:20190910080334j:image

23万円゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚!?

 

往復Super Valueのチケットが。

1年を通しても最も安値のSuper Value

夏休み期間なのにも関わらず突如、現れました。

 

しかし、このSuper Value

『変更不可』、『払戻不可』

と言う激恐ろしい一面も持ち合わせています。

1年先の予定を変更不可とする鬼畜のチケット。

 

基本的に変更や払戻する事は無いしなぁ・・・

 

でも、1年先なんて、全く読めんしっ!

 

この破格の値段の魅力と、払戻不可の恐さに

嬉しさと焦りで揺れ動いてました。

 

取り敢えず、購入にステップを進めて・・・。
f:id:shingosfc:20190911001310j:image

 

んっ?

KeepMyFare!?

f:id:shingosfc:20190911000817j:image

今まで見た事はあったけど

使う事は無いだろうとスルーしてた

72時間、有料でこのチケットを確保できる制度。

 

今回。

3000円を払って、一先ずキープ。

f:id:shingosfc:20190911001058j:image

まさか、KeepMyFareを使う日が来るとは。

 

 

妻にラインすると、(23万円のチケットに)

『これ、良いんじゃんっ!』と。

 

既に権利は得てるし、翌日は休みだったので、

その日は冷却も兼ねて一旦、中断。

翌朝に腰を据えて発券作業をする事にしました。

 

 

 

 

 

まさか、このKeepMyFareが翌朝、

新たなラッキーをもたらしてくれるとは

その時は夢にも思いませんでした。

 

続く・・・

シートからルームへ。

f:id:shingosfc:20190903005457j:image

アナ嬢。

また、やってくれました。

 

何、この絵面?

まさか、西島さんを起用とは・・・。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/own-room/

 

また、このキャッチ。

『シートからルームへ。』

 

キュンキュン、せざるを得ないキャッチ。

 

閑話休題にならない、トピックス。

ほんと、ますます載りたくなってきちゃいました。

『初』石垣島

昨年のSFC修行のISG&KULタッチの時、

妻と娘も・・・と書いたのですが。

 

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2018/10/19/%E3%82%AB%E3%83%93%E3%83%A9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC

 

家族揃って来れました、『初』川平湾。

早速、グラスボートへ。


f:id:shingosfc:20190816170058j:image

相変わらずの蒼さです。
f:id:shingosfc:20190822163012j:image

今回も無事、海亀を見る事ができました。
f:id:shingosfc:20190822163041j:image

カビラブルー、本当に本当に透き通る蒼さです。

f:id:shingosfc:20190822163058j:image

 

夜は、えいこ食堂さんへ。
f:id:shingosfc:20190822163408j:image

魚屋さんに併設している食堂の為、

新鮮で美味しい海鮮に舌鼓みを打ってしまいます。

f:id:shingosfc:20190822163428j:image

 

 

そして、石垣島天文台へ。

真っ暗で舗装も不完全な道を走るので、

道中は娘も恐怖してました。

が、到着して車を降りると・・・。


f:id:shingosfc:20190822163456j:image

満天の星空。

 

って、すみません。

スマホのカメラでは星は撮影できず。

ただ、私の人生でも最多を誇る星の数でした。

 

 

 

翌日。

幻の島(浜島)と体験ダイビング。 

8歳で受け入れてくれるショップが凄く少なく、

お店選びには大変難航しました。

でも、そのお陰で最高のツアーに。

 

浜島。

潮が引いている時だけに現れるところから

幻の島と呼ばれています。
f:id:shingosfc:20190822171707j:image

 

『初』ダイビング。

きっちりピースも決めるぐらい

初とは思えない潜りっぷりを見せてくれました。

帰宅後、この旅行で1番楽しかった体験を聞くと

真っ先に『ダイビング』と言ってました。
f:id:shingosfc:20190822171721j:image

 

午後は石垣港より竹富島へ。
f:id:shingosfc:20190822224951j:image

のんびり『初』牛車に揺られたり。
f:id:shingosfc:20190822225042j:image

星の砂探しに勤しんだり。
f:id:shingosfc:20190822225055j:image

東京ではできない体験尽くしてでした。

 

石垣島に戻り、夕食。
f:id:shingosfc:20190822230355j:image

お腹一杯、石垣牛を堪能しました。

f:id:shingosfc:20190822230435j:image

石垣島のマジックアワー。
f:id:shingosfc:20190822230707j:image

綺麗な海と明るい人々に癒された、

そんな滞在となりました。

 

 

ジンベエジェット

『初』タグ付け。
f:id:shingosfc:20190809233954j:image

無事、任務完了。
f:id:shingosfc:20190809234007j:image

JALエクスプレス・タグサービス。

https://www.jal.co.jp/dom/baggage/smart/tag/

 

 

 

そして、機材は・・・。

もしかしたら、もしかするかも・・・

 

とか思ってたんですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぬぉーおぉー!!!

キターーーー━(゚∀゚)━ーーーー!!!

ジンベエェェジェッッットォォォ!!!

 

娘よりオジサンの方がテンション上がりました。

(苦笑)
f:id:shingosfc:20190815165703j:image

いざ、『初』新ジンベエジェット。
f:id:shingosfc:20190815171936j:image

エンジンカウルまでも可愛いっ(ノ≧▽≦)ノ

f:id:shingosfc:20190815170209j:image

シートカバーも珊瑚の模様。
f:id:shingosfc:20190815165717j:image

更に新ジンベエジェットの特典。
f:id:shingosfc:20190815170052j:image

大空を舞うジンベエザメを体験できる

と言うコンテンツ。

f:id:shingosfc:20190815170124j:image

顔を動かすと空飛ぶジンベエザメを体験できます。
f:id:shingosfc:20190815170317j:image

満月の空を泳いだりもできます。

f:id:shingosfc:20190815180024j:image

実際に装着して楽しむ姿。
f:id:shingosfc:20190815165953j:image

そうこうしているうちに、宮古島を通過。
f:id:shingosfc:20190815170432j:image

機は最終着陸体制に。

f:id:shingosfc:20190815170737j:image

石垣島が見えてきました。
f:id:shingosfc:20190815170239j:image

『初』南ぬ島 石垣空港
f:id:shingosfc:20190815165733j:image

 

 

 

凄く短時間にも関わらず

フライトログもこんなに書いてくださり。
f:id:shingosfc:20190815173753j:image

ほんと、超絶大大大満足の

ジンベエジェット搭乗体験でした。

OZ 172 搭乗記

『初』アシアナ航空ラウンジ。
f:id:shingosfc:20190807021652j:image

さすがホームのラウンジ、広くて綺麗です。
f:id:shingosfc:20190807225226j:image
間接照明も良い感じです。
f:id:shingosfc:20190807021815j:image

この寛ぎ様と言ったら・・・。( ̄▽ ̄;)

f:id:shingosfc:20190807225238j:image

ラウンジを満喫し、搭乗口へ。

f:id:shingosfc:20190808002049j:image

『初』アシアナ航空搭乗。
f:id:shingosfc:20190808002125j:image

ソウル仁川より沖縄那覇まで一直線。
f:id:shingosfc:20190808002205j:image

滑走体制に入ります。

f:id:shingosfc:20190808002411j:image

雲を抜けると、そこには眩しいお日様。
f:id:shingosfc:20190808002441j:image

機内食

一時、アシアナ航空機内食が大変だったので

今回、どーなんかな?と少し心配してたんですが。
f:id:shingosfc:20190808002522j:image

プルコギ弁当。

しっかり、美味しかったです。
f:id:shingosfc:20190808002548j:image

機はチェジュ島を抜け。
f:id:shingosfc:20190808003048j:image

アッと言う間に那覇へ近付きます。
f:id:shingosfc:20190808003117j:image

歩くと一時間半の距離みたいです。(笑)
f:id:shingosfc:20190808003341j:image
と言う事で、久し振りの那覇空港に到着です。
f:id:shingosfc:20190808003204j:image

ご飯も美味しく、とても快適な空の旅でした。

ソウル滞在記

AREXでソウル駅に到着。

f:id:shingosfc:20190807012117j:image

そのまま上の階に上がって荷物を預けます。

帰りもAREXを使うので、利便性は高いです。
f:id:shingosfc:20190801235730j:image

手ぶらになり、市街に向かいます。f:id:shingosfc:20190801235753j:image

『初』ミョンドン。

なんか、新宿と言われても納得しそうな既視感。
f:id:shingosfc:20190801235811j:image

女性にはテンションの上がる買い物。f:id:shingosfc:20190801235831j:image

私はひたすら荷物を持つ侍従さんです。

f:id:shingosfc:20190807012015j:image

河南テジチ。

f:id:shingosfc:20190807011917j:image

『初』サムギョプサル。

f:id:shingosfc:20190802000443j:image

ネットの口コミで選んだのですが、大正解。

超絶美味しかったです。
f:id:shingosfc:20190802000534j:image

肉好きの娘、もちろん大満足。
f:id:shingosfc:20190802000550j:image

お肉、追加してしまいました。
f:id:shingosfc:20190802000615j:image

お腹も一杯に。

少し気分を変えてタクシーでソウル駅へ。

『このまま、仁川空港まで行っちゃいますか(笑)』

と片言の日本語で言われたのですが、

ソウル駅に荷物を預けてるので・・・。

f:id:shingosfc:20190802000827j:image

ソウル駅より仁川空港へ向かいます。

f:id:shingosfc:20190802001020j:image

仁川国際空港
f:id:shingosfc:20190802001041j:image

宿泊したホテルの隣りは

パラダイスシティーと言う名のホテル。

f:id:shingosfc:20190807012217j:image
ちょっと、遊びに行ってみました。
f:id:shingosfc:20190802001304j:image

f:id:shingosfc:20190802001323j:image

f:id:shingosfc:20190807012230j:image

初日がこの旅行で1番歩いた1日でした。

 

 

安心の翼 ANA

金浦空港に降り立ち、ソウル市内に向かう為 

韓国空港鉄道、通称AREXの乗り場へ

スーツケースを引きながら向かいました。

 

韓国に到着するやいなや、

家内の携帯に知らない番号から複数回の着信が。

移動していて全くもって気付かなかったのですが

私の携帯にも複数回の着信履歴が。

f:id:shingosfc:20190731032641j:image

 

駅のホームに立ち、

ソウル市内行きの列車を待ちます。

間も無くソウル市内へ向かう列車が入線します

とアナウンスがある中。

再び、先程の番号より家内の携帯に着信が。

私が『取り敢えず、出てみたら?』と促し、

恐る恐る家内が電話に出てみると・・・。

 

 

 

最初は怪訝なトーンで話していた家内。

『あっ、はい。そうです。』

徐々に丁寧なトーンに変わってきました。

どうやら、日本語でのやり取りみたいです。

 

 

通話が終わり、家内が電話を切ります。

 

通話の相手はどなたからだったのか尋ねてみると

金浦の現地ANAの方からとの事でした。

 

 

 

どうやら、私たちの座席にビデオカメラがあり

それを渡したいから鬼電したとの事でした。

 

 

家内と娘にはそのままホームに残っていて貰い、

私1人で空港まで来た道を歩いて引き返し

ANAのカウンターに向かう事にしました。

 

金浦空港に戻り、ANAカウンターに到着。

f:id:shingosfc:20190731033302j:image

 

カウンターにいた女性の方に事情をお話しすると

何処かに内線をした後、少々お待ちくださいと。

 

待つ事、数分。

別のドアからANAの職員さんが出てきました。

 

たぶん、現地の韓国の職員さんだと思うのですが

『何度もお電話してしまい、誠にすみません。』

と片言の日本語で丁寧に謝られてしまいました。

むしろ、謝らなければならないのは私の方なのに。

 

そして、幾重にも大切に布で包んでくださった

ビデオカメラを出して手渡ししてくださいました。

 

日本からの到着は金浦空港だったのですが

日本への出発は仁川空港の予定だったので

AREXに乗ってしまう前で本当に助かりました。 

 

妻の方の着信履歴は確認してませんが、

合わせると20回は超えてたと思います。

 

くしくも、日韓関係の悪化が騒がれている中での

今回の訪韓旅行。

電話に出るまで何回も掛けてくださった職員さん。

どんな気持ちで掛け続けてくださったのか。

感謝しても感謝しきれないです。

 

韓国へのイメージがガラッと変わったと共に

やはりANAは『安心の翼』だと改めて感じた

そんな出来事でした。

 

 

その職員さんに丁寧にお礼を伝え、

家内と娘の待つホームへ向かいました。

NH861 ソウル(金浦)行き

7月23日(火)。

史上初の警戒レベル5を発令した台風5号が

通過したばかりの韓国へのフライト。

 

東京も雨がちの空模様でしたが、全行程のうち

傘を使ったのは自宅から羽田空港に向かう時のみ。

相変わらず、天気運は強いみたいです。

 

『初』カウンターオープン。
f:id:shingosfc:20190730004032j:image

『初』国際線ラウンジ。
f:id:shingosfc:20190730004052j:image

朝早いですが、テンションは高めです。

f:id:shingosfc:20190730004105j:image

114番ゲート先のラウンジは空いてて快適です。
f:id:shingosfc:20190730005027j:image

『初』ヌードルバー。

f:id:shingosfc:20190730004446j:image

呼出機を電話機に見立てモシモシ( °∇^)]?

f:id:shingosfc:20190730004506j:image

『初』ラウンジシャワー。

f:id:shingosfc:20190730004848j:image

ラウンジでのシャワーにテンションも上がります。

f:id:shingosfc:20190730004859j:image

身を清め、いざ搭乗口へ。
f:id:shingosfc:20190730005219j:image

『初』プラチナサービス優先搭乗。

f:id:shingosfc:20190730005924j:image
特別機内食だと、こんな風にシールを貼られます。

f:id:shingosfc:20190730005950j:image

娘お気に入りのビデオ。

f:id:shingosfc:20190730010109j:image

タキシング開始。

f:id:shingosfc:20190730010129j:image

曇りがちな東京国際空港を飛び立ちます。

f:id:shingosfc:20190730010157j:image

雲を抜け空の上からは富士山の頭が覗けました。
f:id:shingosfc:20190730010622j:image

『初』特別機内食

f:id:shingosfc:20190730010645j:image

普通機内食より先に給仕して貰えるので

短時間のソウル便では特に効果絶大です。
f:id:shingosfc:20190730010707j:image

食事を楽しむのも束の間、ソウルはもう目の前。
f:id:shingosfc:20190730010734j:image

ソウル金浦国際空港に着陸。
f:id:shingosfc:20190730010757j:image

 

 

 

 

この後、ちょっとした事件が起きます。

令和最初の家族旅行(*^-^)人(^-^*)

f:id:shingosfc:20190720003439j:image

令和最初の家族旅行は『沖縄旅行』です。

 

 

 

 

 

旅程は、こんな感じです。

f:id:shingosfc:20190720004103j:image

東京

ソウル

石垣(竹富)

沖縄本島

東京

 

ANAの提携航空会社特典航空券をメインに、

沖縄県 豊見城市へのふるさと納税で貯まった

JAL ふるさとへ帰ろうクーポン

f:id:shingosfc:20190720080702j:image

の併せ技で組みました。

 

 

 

 

娘にとって

たくさんの『初めて』を詰め込んだ家族旅行。

ゆるゆると書き綴って行こうと思います。

お得な? ANA国際線特典航空券

娘が飛行機に載る様になってから夏休みは毎年

グアム⇒沖縄⇒グアム⇒

と言う順番で家族旅行をしています。

そうなると、今年の夏は沖縄となるのですが。

 

時折、飛行機のマイレージは貯める事以上に

如何に上手に使うの方がより大切だ、

と言うブログを拝見する機会も多く。

そうした中、前々からこれはぜひ実行してみたい

と言うマイルの使い方を今回の夏休みは

実際に実行してみようと目論見ました。

 

もっとも。これ。

普通に公式に認められてるので

全くもって裏技でも何でも無いのですが。

 

 

実際の旅程はこんな感じです。

f:id:shingosfc:20190715084349j:image

f:id:shingosfc:20190715090308j:image

f:id:shingosfc:20190715084440j:image

要約すると

f:id:shingosfc:20190715075026j:image

となります。

 

余談ですが・・・

更に今回の旅行には下記のフライトも加えるので

本当はより複雑化するのですが、

こちらの話しは、また何処かで。
f:id:shingosfc:20190715081111j:image

 

 

 

3人で使用するマイルは45000マイル。

それに税金などが26430円。f:id:shingosfc:20190715120816j:image

 

※1番下の有料サービス料金とは

f:id:shingosfc:20190715230932j:image

と別の話しなので、

こちらの話しは、また何処かで。

 

 

羽田⇔沖縄のマイルは基本1人20000マイル。

3人だと普通は合計60000マイル掛かります。

 

それが今回の、この旅程。

(税金などが付加されるものの)

沖縄往復にソウルお立ち寄りのおまけが付いて

1人15000マイルで行けちゃってます。

※正しくはソウル往復に沖縄がおまけです。

 

 

この旅程を普通に購入したとすると

f:id:shingosfc:20190715120937j:image

290777円。

税金などを差し引くと264347円。

今回の旅程は45000マイルなので

1マイルあたりの単価は約5.87円。

マイル単価もかなり優秀な方だと思います。

 

もっとも、東京からソウルへ飛んだ後、

那覇へ飛んでから東京に帰る・・・

なんてなかなか無いパターンかと思いますが。

 

正式な規則は、こちらとなります。

https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/tk/zone.html

大事なポイントは

ANA以外の提携航空会社便を1度は使う事です。

あくまで、

『提携航空会社特典航空券』

と言う事が前提となります。

今回のケースでは仁川から那覇への

アシアナ航空便がそれにあたります。

 

この特典航空券の利用方法を応用すると

『東京→グアム→沖縄→東京』

なんて行程も可能です。

f:id:shingosfc:20190719000730j:image

f:id:shingosfc:20190719000757j:image

f:id:shingosfc:20190719000816j:image

今まで別々に分けていた沖縄とグアムを

同時に旅行してしまえる訳です。

(海被りするので、たぶん 実際にはやりませんが。)

 

その他、やろうと思えば

『東京→札幌→ソウル→東京』

とか

『東京→福岡→上海→東京』

とか色んな組み合わせが可能です。

更に付け加えるならば

『東京→ホノルル→NY→東京』

なんて旅程も出来ちゃいます。

 

 

 

 

 

本当は当初・・・

『東京→札幌→ソウル→那覇→石垣→東京』

にしようと意気込んでいました。

ただ、その旅程を見た家内より

『そんな、飛行機ばっか、ヤダ!(*`ω´*) 』

と瞬殺却下されたと言う悲しいエピソードにより

お蔵入りした事は内緒の話しです。(´;д;`)

頑張れっ! ラニくんっ!

f:id:shingosfc:20190713082333j:image

初便では予想外の売れ行きで完売してしまい、

機内での購入ができなかったラニくん。

一月遅れで我が家に到着しました。

 

 

 

先日、ANAの中の方でホヌにも携わった方と

お話しをする機会がありました。

 

『5月24日、載って来たんですよ。』

中の方

『えー!ほんとですかっ?

    実は私、まだ実機に載れてないんですよ。』

『そうだったんですか???

    いや、ほんと。

    すっごく、楽しまさせて頂きました。』

中の方

『ありがとうございます。』

 

 

 

 

 

中の方

『でも、あれ。

     あと10年、飛ばせるかどうか・・・。』

『・・・Σ(Д゚;/)/!?』

 

 

 

 

 

エアバス A380 フライングホヌ。

華やかなデビューの裏には

やはり様々な葛藤やご苦労があるんですね。

1カスタマーとしては、

1日でも長く私たちを楽しませてくれるフライトが

続いてくれる事を願って止みません。

f:id:shingosfc:20190714003441j:image

『頑張れっ! ラニくんっ!』

ANA × RIMOWA ?

スーツケースが届きました。
f:id:shingosfc:20190711002503j:image

チェコ製です。

f:id:shingosfc:20190710231137j:image

段ボールから取り出します。

f:id:shingosfc:20190710231610j:image

こんなんも発注しました。

f:id:shingosfc:20190710231322j:image

ESSENTIAL  LITEに

スーツケースベルトを装着。

f:id:shingosfc:20190710231912j:image

トリトンブルー(風)にモヒカンブルーの差し色。
f:id:shingosfc:20190710235143j:image

オリジナル?(^ω^?)

ANA × RIMOWAの誕生です。

国際線 新ビジネス・ファーストクラス

夕方、フッと携帯を見てみると・・・

 

 

f:id:shingosfc:20190712000325j:image

 

 

『なんじゃ~こりゃ!?』

と心の中で叫んでしまいました。

 

しかし、仕事の業務量が半端なく、

とてもジックリと見ていられるような時間もなく。

 

 

帰りの電車で、記事を読み漁りました。

 

10年振りにFとCの刷新との事で。

 

THE Room

f:id:shingosfc:20190712000800j:image 

f:id:shingosfc:20190712000857j:image

THE Suite

f:id:shingosfc:20190712000937j:image

f:id:shingosfc:20190712001044j:image

 

 

 

てか、THE Room。

もう、これ、ファーストクラスぢゃん。

 

 

とか思ってしまうのは私だけでしょうか・・・。

 

相変わらずアナ嬢は

人の心を巧みにくすぐってきます。

 

 

8月2日のロンドン線から運行開始との事ですが

残念ながらロンドンに行く予定は皆無。

 

今はお乗りになった方のブログを楽しみに

搭乗した気分になろうかと思います。

 

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/promotions/b777-300er/seat-new/

 

REIWA の RIMOWA

娘と那覇までのフライトをしたものの

この1年間、その殆どが単身フライトでした。

妻に至っては昨年の夏にグアムに行って以来、

1度も飛行機に搭乗していないと言う状況です。

f:id:shingosfc:20190705015217j:image

と言う事で・・・

次のフライトは久し振りに家族でのフライト。

 

私1人なら着のみ着のまま荷物も極少ですが

流石に家族旅行となると、

持って行く荷物もそれなりの量になります。

なので、次のフライトに向け

新たにスーツケースを新調する事にしました。

 

 

 

 

どれにするか、直接店頭に行って決める事に。

f:id:shingosfc:20190705001818j:image

最初、ESSENTIALの黒か白かなぁ・・・

とか私は勝手に思っていたのですが。

黒はみんなと被るし、白は傷が目立つし、と。

そうした中、青なら被りも少ないし

白みたく傷も目立たないから良い、

と言う家内と娘のご意見を採用。

百聞は一見にしかず。

やぱり、現物を確認するのは大切です。

 

次の争点はESSENTIALにするか

ESSENTIAL LITEにするかと言う点へ。

ESSENTIAL、ESSENTIAL LITE、

それぞれ一長一短があり、難しい選択でした。

家内から『最後は私が決めな』と言う事で

更にプレッシャーがのし掛かります。( ̄~ ̄;)

f:id:shingosfc:20190705022113j:image

悩みに悩んだ挙げ句・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

ESSENTIAL LITEに決めました。

f:id:shingosfc:20190708022131j:image

決め手は・・・

 

ずばり、その『軽さ』!

 

私が持つならどちらでも良いのですが、

ゆくゆくは修学旅行とかで娘が

1人で持ち運ぶような事も出てくるかなぁ?と。

ESSENTIAL LITEの軽さは女の子の旅行にも最適!

と言うのが最後の決め手となりました。

(私単独だったらORIGINAL買ってたな・・・)

 

取り扱いや保証について説明を受けます。f:id:shingosfc:20190705013953j:image

 

ESSENTIAL LITEでは最も大きいサイズなのですが、

ちょうどギリギリ、

ANAの預け荷物無料範囲内の大きさです。

f:id:shingosfc:20190705110850j:image

https://www.rimowa.com/jp/ja/luggage/colour/blue/check-in-l/82373604.html#prefn1=refinementColor&prefv1=%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC&prefpreid1=blue&prefn2=RI_product_collection&prefv2=Essential%20Lite&prefpreid2=undefined&start=2

 

 

RIMOWA最初のフライトは

REIWA最初の家族フライト。

これから色んな想い出を詰め込んでいくんで

末永くお付き合いの程を宜しくお願いします。