ANA SFC 修行記

PP単価 6.6 でSFCを目指す修行記です

成田空港にANAラウンジ新設!!

f:id:shingosfc:20200122162442j:image

f:id:shingosfc:20200122162502j:image

https://www.anahd.co.jp/group/pr/202001/20200120-2.html

 

成田空港にANAラウンジが新設されるとな。

隅研吾さん監修との事。

うちが使うのは、夏休みの時かな。

利用時間が19:00まで予定との事で

ホノルル便には微妙な感もあるけど・・・。

 

いずれにせよ、また1つ。

飛行機を使う楽しみが増えました。

 

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2018/09/13/%EF%BC%A1%EF%BC%AE%EF%BC%A1%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%B8_%E6%88%90%E7%94%B0%E7%A9%BA%E6%B8%AF%E7%AC%AC%EF%BC%95%E3%82%B5%E3%83%86%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

ANA 新シート 搭乗記

f:id:shingosfc:20191214194533j:image

搭乗用の2次元バーコード。

こんな風に好きな写真をアップして

そのまま搭乗できちゃいます。

 

 

と言う事で・・・

今回、搭乗するのは導入したての新シートを擁する

ボーイング777-200。https://www.ana.co.jp/group/pr/201905/20190529.html

 

こちらの新シート。

2019年度グッドデザインを受賞しています。

f:id:shingosfc:20191214164359j:image

国内線なのに個人用のシートモニターがあり

何よりもシート自体が凄く快適そうです。

f:id:shingosfc:20191214195710j:image

f:id:shingosfc:20191214195729j:image

乗る前から期待値MAXな新シート。

往路のJAL359搭乗と共に

復路の新シート搭載のANA722搭乗も

重要な行程の1つです。

 


f:id:shingosfc:20191214200359j:image

8番ゲートには777-200様のお姿が。

東京まで、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

f:id:shingosfc:20191214200540j:image

本日の御座席はエコノミー最前列の5K。

隣は空席、ANAスーパーエコノミー状態です。


f:id:shingosfc:20191215003500j:image

足元の所も良い感じで前に凹んでいるので

175センチの私でも余裕過ぎるシートピッチ。

f:id:shingosfc:20191215003511j:image

更に、このAC電源。

心行くまでスマホを使えるので

超絶ありがたい機能です。

 


f:id:shingosfc:20191215004243j:image

東京までの荷物の積込も完了。
f:id:shingosfc:20191215004553j:image
NH082便、東京に向けテイクオフッッッ!!!


f:id:shingosfc:20191215004712j:image

こちらのパーソナルモニター、

行きの350に負けず劣らず綺麗です。
f:id:shingosfc:20191215004941j:image

残念ながら国内線には香るかぼすが無いので

替わりにかぼすハイボールを注文。

去年のKULタッチでお世話になりまくった

国際線プレエコを彷彿させる乗り心地です。f:id:shingosfc:20191215004956j:image

このシート、本当に楽です。

何も違和感も凄さも感じないぐらい

自然なフィット感があります。

これなら長距離線でも長らく座ってられます。


f:id:shingosfc:20191215005250j:image

しかし、残念ながら・・・

 

 

千歳東京間はアッと言う間の距離。
f:id:shingosfc:20191215005259j:image

東京タワーにスカイツリー

東京の綺麗な夜景が見えてきました。

5Aも取れたのですが、この夜景を見たく。

5K、大正解。
f:id:shingosfc:20191215005711j:image

そして、東京国際空港へ。


f:id:shingosfc:20191215005843j:image

行きの350はファーストクラスだったので

新機材の単純な乗り心地比較は難しいのですが

722の新シート。

エコノミー席は疲れる・・・

なんて事を言わせない素晴らしい座り心地でした。

 


f:id:shingosfc:20191215005853j:image

JALエアバスA350ファーストクラス、

ANAボーイング777-200新シート、

千歳タッチによる新千歳空港滞在。

全て余す事無く、すんごく楽しかったです。

 

今後も続々とこうした新機材が投入され、

新しいスタンダードとなっていく事でしょう。

更なる新プロダクツ。

私も常にワクワクしながら楽しんでいきたいな、

そんな強い期待に胸が踊る1日でした。

新千歳空港 滞在記

f:id:shingosfc:20191211190652j:image

ぬわっΣ(Д゚;/)/!?

かわいいっ!!!

こう言う粋なおもてなし、凄く嬉しいです。

f:id:shingosfc:20191211190703j:image

さすが、ファーストクラス。

預け荷物も真っ先に出てきました。

CTSタッチですがお土産買い込み用です。

f:id:shingosfc:20191211191358j:image

新千歳の滞在はおよそ5時間弱。

気を抜くとアッと言う間に過ぎ去る時間です。

f:id:shingosfc:20191211204228j:image

乗って来たA350がプッシュバックされてます。

また乗りますね、と思いながら見送ります。
f:id:shingosfc:20191211204240j:image

最初に向かったのは松尾ジンギスカン

新千歳空港の2階にあります。

今回の新千歳空港滞在の主目的の1つ。

相変わらずの安定した美味しさです。

f:id:shingosfc:20191211204532j:image

ジンギスカンの匂いを振り撒きながら

そのままエスカレーターで4階へ。

どこぞのホテルのような綺麗さです。
f:id:shingosfc:20191213123800j:image

新千歳空港でもう1つの主目的、新千歳空港温泉。

施設の性格上、写真はホームページからですが

空港内で温泉なんて斬新です。

写真の露天風呂では粉雪も舞い

粉雪を見ながら浸かる湯船は

ここが空港とは思えない素敵な空間でした。

f:id:shingosfc:20191211204544j:image

そして、忘れていけないのがお土産。

新千歳空港は沢山のお土産屋さんがあり

駆け足でお土産を買いまくりました。

 

余談ですが・・・。

新千歳空港のお土産を渡すと必ず聞かれるのが

『何泊してきたの?』

と言う質問。

最近ではもう、『日帰り』と答えた時の

相手の方の反応を見るのが楽しみになりました。

f:id:shingosfc:20191211204554j:image

時間一杯、チェックインカウンターへ。

新千歳のANAカウンター、

見違える様に綺麗になってました。

f:id:shingosfc:20191213154908j:image

搭乗手続きを終えた時、

「あちらのプレミアムチェックインよりどうぞ」

と案内を受け、急ぎ足で向かいました。

f:id:shingosfc:20191213155005j:image
保安検査も待つ事無くスムーズに。

こう言う搭乗までの時間が無い時、

プラチナメンバーである事の恩恵を痛感します。

そして、そのままANAラウンジへ。
f:id:shingosfc:20191213155025j:image

残念ながらほとんど時間が無かったので

温泉で渇いた喉を簡単に潤して

搭乗ゲートへ向かいます。

JAL A350 搭乗記

JALの最新鋭機、エアバスA350。

今年の9月に初就航して以来、

ずぅーっと乗りたくてこの日を待ちわびてました。
f:id:shingosfc:20191206223622j:image
このサングラスを掛けたような顔立ち、

アンチグレアと呼ぶらしいです。

めっちゃくちゃイケメンです。
f:id:shingosfc:20191206223539j:image

搭乗が始まります。

期待に胸が踊ります。

f:id:shingosfc:20191206223752j:image

サングラスの中には機長さんと副機長さん。

新千歳まで、どうぞ宜しくお願い致します。

f:id:shingosfc:20191206223803j:image

搭乗口では鶴丸が出迎えてくれます。

深紅の中に金色に輝く鶴丸、格好良いの一言です。

f:id:shingosfc:20191206224257j:image

本日の御座席。

ファースト用ブランケットやスリッパをはじめ、

ノイキャンヘッドホンまで備わってます。
f:id:shingosfc:20191206224313j:image

シートも実に多機能で、色々と楽しめます。

何と、マッサージ機能まで付いちゃってます。

(マジにシートが震動します)
f:id:shingosfc:20191206224729j:image

モニターも個人用の鮮やかな画面。

ご搭乗させて頂き、ありがとうございます。
f:id:shingosfc:20191206224431j:image

整備の様子もライブで見られます。

前輪の作業なんて普通、なかなか見られません。
f:id:shingosfc:20191206224559j:image

タイヤ止めを外す瞬間までばっちり拝見。

離陸に向け整備も完了し、タキシング開始。
f:id:shingosfc:20191206224608j:image

離陸の許可を待ちます。

ランウェイは16L。
f:id:shingosfc:20191206224848j:image

尾翼カメラから再び前輪カメラへ。

離陸までの時間も、凄く楽しめます。
f:id:shingosfc:20191206224857j:image

テイクオフ。 

V2、とか聴こえてきそうです。

いつもは窓に張り付きの私も、

今回に限ってはモニターに釘付けです。
f:id:shingosfc:20191206225231j:image

f:id:shingosfc:20191206225242j:image

東京湾上空から富士山を臨み。
f:id:shingosfc:20191206230331j:image
機は一路、北へ。
f:id:shingosfc:20191206230300j:image

この瞬間の為に、

今日、A350に載ったと言えるかもしれません。
f:id:shingosfc:20191206230656j:image

f:id:shingosfc:20191206230641j:image

そして、食事の時間。

空の上、何とも言えない至極の時間。
f:id:shingosfc:20191206230502j:image

f:id:shingosfc:20191206230513j:image

楽しい時間と言うのは、

ほんと、アッと言う間に過ぎ去りますね。
f:id:shingosfc:20191206231007j:image

北の大地が見えてきました。

f:id:shingosfc:20191206231018j:image

この雲を突き抜けると。

f:id:shingosfc:20191206231033j:image

新千歳空港の滑走路が見えてきます。

機は最終着陸体制に入ります。

f:id:shingosfc:20191207151319j:image

f:id:shingosfc:20191206231056j:image

ランディング!!!

f:id:shingosfc:20191206231324j:image

夕暮れ迫る、新千歳空港に無事到着しました。
f:id:shingosfc:20191206231336j:image

鶴丸とA350のロゴが輝いてます。

f:id:shingosfc:20191206231347j:image

 

 

 

 

JALエアバスA350。

噂に違わぬ、物凄く快適で楽し過ぎるフライトを

提供してくれました。

 

JALにも素敵なフライトが沢山あり

改めて日本航空の素晴らしさを感じる、

そんなフライトでした。

 

 

 

このブログ、実はSFC修行記のブログですけどね

・・・f(^ー^;

JAL FIRST CLASS

f:id:shingosfc:20191204102051j:image

本日はファーストクラス。(国内線ですが・・・)

f:id:shingosfc:20191204103333j:image

最新鋭機A350のファーストクラス。

本日、満席です。
f:id:shingosfc:20191204102956j:image

シートは王様座席と言われる01A。

f:id:shingosfc:20191204103715j:image

保安検査場から直結でラウンジへ。
f:id:shingosfc:20191204103731j:image

本日はサクララウンジではなく

ダイアモンドプレミアラウンジへ。

f:id:shingosfc:20191204104145j:image

お決まりの松の入り口を抜けて。

f:id:shingosfc:20191204104204j:image

富士山をバックに飛行機を眺めながら

メゾンカイザーのクロワッサンで朝食。

f:id:shingosfc:20191204115345j:image

今日は時間はタップリあるのでマッサージ機へ。
f:id:shingosfc:20191204115357j:image

これ、ヤバいです。

もはや、人として堕落しかありません。

昨日まで忙しくてマッサージに

行きたくっても行けなかったのですが、

これでかなりほぐされました。

f:id:shingosfc:20191204125253j:image

眠気醒ましにシャワーを浴びると。

f:id:shingosfc:20191204125417j:image

本日の搭乗機。

エアバスA350が駐機していました。

 

f:id:shingosfc:20191204132119j:image

いざ、搭乗ゲートへ。

 

宮崎編 復路

宮崎空港、ガンジスカレー。

空港最強のカレーとも呼び名が高いカレーで、

今回、必ず食そうと狙ってました。

挽き肉たっぷり、抜群の美味しさでした。

f:id:shingosfc:20191128010451j:image

食後にマンゴーソフトクリームも、

これまた、マンゴーが抜群に美味しかったです。

f:id:shingosfc:20191128010526j:image

クラスJにアップグレード。

1Kの席が取れました。

f:id:shingosfc:20191128011904j:image

窓も2面、隣りも空席。

本当にゆったりと過ごせました。

f:id:shingosfc:20191128014008j:image

ドアクローズもバッチリ拝見。

f:id:shingosfc:20191128010629j:image

宮崎県に別れを告げます。

f:id:shingosfc:20191128010647j:image

帰りは行きよりフライト時間も短く

ほんと近距離に感じる長さでした。
f:id:shingosfc:20191128010707j:image

最終着陸体勢に入ってから、乱気流の中へ。

さながら、先日に行ったタワーオブテラーばりに

ハイスピードでスリリングな降下を味わえました。

f:id:shingosfc:20191128010724j:image

そして、東京国際空港に。

f:id:shingosfc:20191128021039j:image

 

 

 

思い描けない場所に連れてってくれる

どこかにマイル。

さて、今度はどこに連れてって貰おうかしら?

宮崎編 観光

宮崎ブーゲンビリア空港。

南国、と言う雰囲気満載の空港です。
f:id:shingosfc:20191123234631j:image

そして、本日の相棒。

何と、新型プリウス

これ、1日1000円でお借りしちゃって

ホントに良いのかしら・・・。

走りもキビキビ、気持ち良かったです。

更に、ガソリンも半日走りまくっても

700円ぐらいと超低燃費。
f:id:shingosfc:20191123234647j:image

まずは、最初の目的地。

味のおぐら。

チキン南蛮、発祥のお店です。
f:id:shingosfc:20191123234703j:image

甘辛のタレにタルタルソース。

さすが、宮崎県が誇るソウルフード

もちろん、完食です。
f:id:shingosfc:20191123234724j:image

そして、一路、南。

サンメッセ日南へ。
f:id:shingosfc:20191123234751j:image

世界で唯一、イースター島のモアイ像の複製が

許された施設との事です。

f:id:shingosfc:20191123234807j:image

なかなかシュールな絵面です。
f:id:shingosfc:20191123234821j:image

そして、そのまま南下。

国指定名勝、鵜戸神宮へ。
f:id:shingosfc:20191123234835j:image

洞窟の中に御本殿が鎮座。
f:id:shingosfc:20191123234849j:image

f:id:shingosfc:20191123234906j:image

運玉を岩に向かって投げ、運試し。
f:id:shingosfc:20191123235225j:image

最後の5個目。

締め縄の中にある水溜まりに綺麗にスポッと。

水飛沫を上げた瞬間、思わず

『よっしゃー!』と叫んでしまいました。
f:id:shingosfc:20191123235239j:image

空港への帰り道、堀切峠
f:id:shingosfc:20191123235357j:image
正に南国感を堪能できる絶景でした。
f:id:shingosfc:20191123235412j:image
夕暮れの宮崎空港へ。

f:id:shingosfc:20191124180651j:image
看板も夕暮れ色に染まってます。
f:id:shingosfc:20191123235616j:image


どこかにマイルで参った宮崎県。

人も気候も、とっーても暖かい。

そんな素敵な県でした。

宮崎編 往路

羽田空港国内線サクララウンジ

f:id:shingosfc:20191119091620j:image

この階段。

いつ来ても旅のワクワク感を高めてくれます。

f:id:shingosfc:20191119091634j:image

更に、国内線ラウンジにも関わらずシャワーまで。

だから、サクララウンジ、好きです。

f:id:shingosfc:20191119091643j:image

今日は運転があるのでコーラで喉を潤し。

いざ、搭乗口へ。

 

B737-800、座席番号22K。

娘と載る時は座れない非常口座席。

御一人様の今日はきっちり指定しました。
f:id:shingosfc:20191119210154j:image

普通は上から窓を閉めるのですが

非常口座席は下から窓を閉めます。

ちょっと新鮮で驚きました。

f:id:shingosfc:20191119210214j:image

今朝は離陸許可待ちの飛行機で大渋滞。

f:id:shingosfc:20191119210236j:image

f:id:shingosfc:20191119210252j:image

しかし、一旦、雲を抜けちゃえば渋滞も何のその。

f:id:shingosfc:20191119211216j:image

機が右に旋回、富士山が見えてきました。

f:id:shingosfc:20191119210312j:image

やはり空からの富士山は、いつ見ても格別です。

f:id:shingosfc:20191119230211j:image

運転に備え、パワーチャージ。
f:id:shingosfc:20191119211529j:image


そんなこんなで、アッと言う間に宮崎空港へ。

シーガイアを見ながらファイナルアプローチ。
f:id:shingosfc:20191119210353j:image

宮崎ブーゲンビリア空港、初見参です。
f:id:shingosfc:20191119230016j:image

ヒルトンバケーションズクラブ説明会に行ってきた

10月1日都民の日。

修行尼と共に羽田空港に遊びに行きました。

f:id:shingosfc:20191030074243j:image

第一→第二→国際線の順番で羽田空港を満喫。

 

国際線ターミナルを歩いていると

ヒルトンバケーションズクラブの方から

声を掛けられました。

あの、よく空港とかで見かけるアレです。

 

この日は特に急いでいる訳でも無かったので、

立ち話ですがお話しをお伺いしてみる事に。

 

今度、改めて会場でお話しを聞いてくだされば、

ハワイの無料宿泊券3日分を進呈しますとの事。

年齢や年収の基準は問題無いのですが

夫婦揃っての参加、と言う基準があり。

f:id:shingosfc:20191103072030j:image

家内のスケジュールが分からなかったので、

取り敢えずの日にちでアポイント。

f:id:shingosfc:20191101102710j:image

後日、頂戴した案内状に従って電話をし

スケジュールを再調整した上で説明会会場へ。

 

説明会、当日。

受付で少し待った後、ご担当者様が来ました。

ご担当者様、かなり遣り手風な女性の方です。

個室に通されます。

VTRを交えながらバケーションズクラブの魅力を

余す所なくお話ししてくださいます。

来場前に家内から前のめりにならぬよう

図太い釘を刺されてから来てたのですが

確かに魅力的です。

そして、具体的なご提案へ。

最初は、まぁそんぐらいしますよねぇ・・・

と言うお値段。

しかし、後から、その半値ぐらいの提案が。

思わず『えっ!そんな、安いんですかっ!?』と

言ってしまいました。

ただ、家内の方は終始変わる事も無く。

 

昨今の社会情勢もあるのでしょうか・・・

そこまでハードなクロージングもしにくいようで

一旦、離席された後、

無料宿泊券を持って来てくださいました。

最後に『ご主人様、またお電話くださいね。』

と言う言葉を添えて。

 

お客様によってはご契約される方もいるよねぇ、

と家内と話しながら帰宅しました。


f:id:shingosfc:20191106003954j:image

後日、予約受付センターへ電話をしました。

ちょこっとばかり二転三転は有ったのですが、

一先ずは無事に予約完了。

 

 

 

 

f:id:shingosfc:20191106004512j:image

宿泊体験記は来年の夏、の予定です・・・。

乞う、ご期待です。(笑)

どこかにマイル

12月にフライト予約が既にあるんですが・・・

 

11月、ポッカリ、休める日ができたので

『なんなら、ちょっくら飛んで来よー』

と言う事で・・・

 

『どこかにマイル』で、

どこかに飛ぶ事にしました。

f:id:shingosfc:20191029022155j:image

f:id:shingosfc:20191028014600j:image

f:id:shingosfc:20191028014610j:image

f:id:shingosfc:20191028014619j:image

f:id:shingosfc:20191028014628j:image

候補地は宮崎・札幌・旭川・福岡の4ヶ所。

上記のどこかに旅に出る事に。

 

申し込んでも、どこに行くかは分からない

このミステリーツアー感。

毎回、なかなかドキドキさせられます。

 

 

 

 

 

 

 

そして、翌日。

JALより行き先決定のメールが届きました。

f:id:shingosfc:20191029022849j:image

いそいそと、ホームページへ。

f:id:shingosfc:20191029020629j:image

宮崎県、に決定しました。

ちなみに、普通に発券すると

f:id:shingosfc:20191029020931j:image

45580円。

 

併せて、当日の足も確保しちゃいました。

f:id:shingosfc:20191029021150j:image

楽天トラベルで、なんと1000円。

 

今回、現段階での支出は

JALマイル6000マイルと

レンタカー代1000円のみ。

激安です。

 

 

と言う事で、初の宮崎県フライトが決定。

『どこかにマイル』は本当、

思いがけない体験をさせてくれます。

『初めて』尽くし

万座毛を見納め、一路、那覇へ。
f:id:shingosfc:20191014132750j:image

沖縄に来たら皆勤賞です。
f:id:shingosfc:20191014132801j:image

小学2年女子、余裕で一人前、完食です。
f:id:shingosfc:20191014133327j:image

ANAラウンジで〆の一杯。
f:id:shingosfc:20191014133434j:image

マジックアワーの中、東京へテイクオフ。

f:id:shingosfc:20191014135958j:image

東京国際空港へファイナルアプローチ。
f:id:shingosfc:20191014133844j:image

 

 

 

娘にとって『初めて』尽くしの家族旅行。

飛行機のお陰で

娘はまた数多くの体験を重ねる事ができました。

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2019/07/21/%E4%BB%A4%E5%92%8C%E6%9C%80%E5%88%9D%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F%E6%97%85%E8%A1%8C%28%2A%5E-%5E%29%E4%BA%BA%28%5E-%5E%2A%29

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート

那覇での宿泊地は、ANAインターコンチネンタル

万座ビーチリゾート。

IHGプラチナエリートとANA株主優待

フル活用しての宿泊です。

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2019/04/17/%EF%BC%A9%EF%BC%A8%EF%BC%A7_%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%8A%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

 

部屋はクラブインターコンチネンタルルーム。

クラブインターコンチネンタルにてチェックイン。

f:id:shingosfc:20191009084119j:image

冷たいおしぼりにシークワーサージュース。
f:id:shingosfc:20191009084131j:image

そのままアフタヌーンティーを頂きました。
f:id:shingosfc:20191009084219j:image

クラブルームからは

晴天に煌めく万座毛が一望できます。

f:id:shingosfc:20191009084232j:image

 

お部屋へ。

オーシャンフロントの絶景に足取りも・・・
f:id:shingosfc:20191009084243j:image

そして、急ぎプールへ。
f:id:shingosfc:20191009084254j:image

プール大好きっ子、当然の如く大満足です。
f:id:shingosfc:20191009084309j:image

真夏の太陽の下、

私はミント一杯のモヒート片手にノンビリ。
f:id:shingosfc:20191009084321j:image

万座ビーチを無駄に堪能しまくりです。
f:id:shingosfc:20191009084408j:image

カクテルタイム。

ロゼを始め、様々な種類を楽しめます。
f:id:shingosfc:20191009084339j:image

万座毛に沈む夕陽。
f:id:shingosfc:20191009084356j:image

ホテルにあるビーチ居酒屋、ちゃんぷるへ。
f:id:shingosfc:20191009084655j:image
夕焼けを眺めながら、沖縄料理に舌鼓み。

f:id:shingosfc:20191009084428j:image

再びクラブインターコンチネンタルへ。
f:id:shingosfc:20191009084446j:image

このマンゴージュース、何杯頂戴した事か。
f:id:shingosfc:20191009084457j:image

 

そして、翌朝。

今回の旅程、最終日。

万座ビーチにした大きな理由、

万座オーシャンパーク。

f:id:shingosfc:20191009085506j:image

その前に、クラブルームにて朝食。
f:id:shingosfc:20191009085520j:image

真新しいルームに美味しい料理。

朝からテンションがスーパー上がります。
f:id:shingosfc:20191009085531j:image

そして、いざオーシャンパークへ。

想定以上に体力を要しました。
f:id:shingosfc:20191009085549j:image

家内が部屋から撮影。

ちょうど真ん中辺りにいます。
f:id:shingosfc:20191009090033j:image

ANAインターコンチネンタル万座ビーチ、

大満足だったようです。
f:id:shingosfc:20191009090050j:image

クラブルームへの入室も馴れたもんです。
f:id:shingosfc:20191009090101j:image

名残惜しみながら、チェックアウト。
f:id:shingosfc:20191009090113j:image

石垣より那覇へ

閑話休題が入り過ぎて、今更感もありますが。

再び、南ぬ島 新石垣空港へ。

巨大なシャコ貝をバックに1枚。
f:id:shingosfc:20190920123644j:image

空港では職業訓練の学生さんたちが。

未来のCAさんたちです。

搭乗アナウンスもバッチリでした。
f:id:shingosfc:20190920123655j:image

そして、搭乗。

八重山の言葉で『とてもありがとう』の意味。

こちらこそ、『みーふぁいゆ』。
f:id:shingosfc:20190920123739j:image

綺麗なヤエヤマブルーとも、暫しお別れ。
f:id:shingosfc:20190920124333j:image

機はアッと言う間に沖縄本島へ。
f:id:shingosfc:20190920123813j:image

f:id:shingosfc:20191002130317j:image

灼熱の陽射しを受けながらタッチダウン

次の目的地に向かいます。
f:id:shingosfc:20190920123843j:image

空席待ちが堕ちて来たっ!?

そして、翌朝。

 

既に往路のYが確保できている特典航空券の

復路の空席待ちCを355日前の日に変更。

f:id:shingosfc:20190916093720j:image

当然の如く、朝9時の瞬間から空席待ち。

 

 

 

 

 

Cはやっぱ無理だ・・・

 

 

そりゃ、そうだ。

 

ただでさえ超絶大混戦の夏休みホノルル線で

家族3人のビジネスなんて無理ゲー過ぎだわさ。

 

 

 

と観念し、先に抑えたSuperValueを発券。
f:id:shingosfc:20190916095529j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

しようと思った瞬間。

 

何とも言えぬ違和感が・・・。

 

 

 

いざ発券しようと思って覗いた予約の一覧に

空席待ちの文字が見当たら無い。

 

 

さっき355日前の日付に変更したC席の

詳細を確認してみると・・・

 

 

特典ビジネスに空席待ちの文字がない?

 

 

急ぎポップアップに上がってるメールを確認・・・

 

 



f:id:shingosfc:20190917002502j:image

 


くうせきまちのおざせきがごよういできました??

 

 

 

ぬぅわぁぁぁーーー!?

 

空席待ちぃぃ、堕っっこってきたぁー!!!

 

 

KeepMyFareには72時間と言う期限があるので

諦めてSuperValueを発券しようした矢先。

 

 

 

 

 

家内にすぐさま、ライン。

即答、『ビジネスで。』

f:id:shingosfc:20190917003111j:image

 

と言う事で、来年の夏休み。

ANAフライングホヌのビジネスクラス

ハワイ旅行となりました。(↓指定した座席)

f:id:shingosfc:20190917003758j:image

 

 

 

 

 

※考察※ ~なぜ、空席待ちが堕ちて来たのか~

 

超激戦のANAホノルル線ビジネスクラス

空席待ちが堕ちて来た理由を考えてみました。

 

◯プラチナメンバーだから

◯空席待ちの1番目だったから

◯ダイアモンドメンバーがいなかったから

 

これらの要因が見事に嵌まったから、

かなぁと思います。

 

プラチナメンバーであった事。

C席4名枠の土俵に乗る為の、必要条件。

 

空席待ちの1番目であっただろうと言う事。

朝9時になった瞬間に空席待ち予約を入れた事と、

先に予約してた方がたまたま予約を取り止めた事。

 

ダイアモンドメンバーがいなかった事。

幾ら先に私が予約を入れたとしても、

ダイアモンドメンバーの方がいたら優先権は無し。

 

こうした要因が本当にたまたま絡み合って、

偶然にビジネスが堕っこちて来たのかと。

 

更に今回。

払戻不可のSuperValueを

KeepMyFareと言う制度を活用したお陰で

僅か3000円を放棄するだけで

取り消しする事ができた事。

もし、先に普通に23万円を払い込んでいたら

翌朝にCの予約待ちなんてしてませんでした。

 

本当の理由は正直、分からないのですが

『運が凄く良かった』

と言う事だけは間違い無く言えるかと思います。

(考察になってない・・・( ̄▽ ̄;))

夏休みホノルル争奪戦 Keep My Fare

今年の夏はソウル・石垣を家族旅行したのですが、

早くも来年の夏休みの計画です。

 

SFCを考えた、とても大きな理由の1つ。

『家族3人でホノルル線ビジネスに乗る事』


f:id:shingosfc:20190908231349j:image

 

https://shingosfc.hatenablog.jp/entry/2018/09/30/%EF%BC%A6%EF%BC%AC%EF%BC%B9%EF%BC%A9%EF%BC%AE%EF%BC%A7_%EF%BC%A8%EF%BC%AF%EF%BC%AE%EF%BC%B5

 

一般の方が特典航空券で

ホノルル線のビジネスクラスを取ろうとしても

基本的に最大2席までしか取れないので、

3人家族のうちは絶望的に不可。

しかし、SFC会員となれば4席に増える。

これがSFCを目指す大きなモチベートでした。

 

3人で往復のビジネスに乗れる分、もしくは

行きはエコノミー+帰りはファーストに乗れる分の

マイレージを確保。

f:id:shingosfc:20190908231740j:image

あとは、ホノルル争奪戦に臨むだけ。

 

 

しかし、例えSFCになったとしても

ホノルル線は最大の激戦区。

特に夏休みと年末は無理ゲーと言われてます。

 

 

特典航空券は355日前の朝9時から

座席の予約を受け付けてくれるので、

取りたい日にちの数日前から様子見ウォッチング。

ビジネスクラスやファーストクラスは

朝9時00分02秒に予約を取りに行っても

瞬殺で『空席待ち』の表示が出ます。

f:id:shingosfc:20190910235546j:image

ほんと、一体、どうやって取ってんだろ?

と不思議に思うぐらいの無理ゲーぶりです。

 

ウー、このままでは・・・

席を確保できずサヨウナラの可能性が極めて高い。

 

 

 

そこで、ビジネスクラスを諦め。

更に言うと、特典航空券も諦め。

『娘をフライングホヌに乗せてあげる事。』

これを優先にさせようと考えました。

往復をエコノミーで普通に有償発券する方向に

方針を転換です。

 

普通に発券するなら、席はまだまだ沢山あります。

そりゃ、そうですよね。

何てったってA380フライングホヌですもん。

 

2020年8月下旬のホノルル往復の料金。

Value運賃かBasic運賃がその殆どを占め

サーチャージも含めると3人でおおよそ29万円。 

f:id:shingosfc:20190911000348j:image

あとは、良さそうな日程に良さそうな価格が

出るかどうか・・・。

 

毎朝9時。

ビジネスが埋まってる事を確認してから

普通席の品定めをするのが

ここ最近の朝のルーティンとなりました。

 

そんな、ある朝。

いつも通りビジネスの埋まりを楽しんだ後、

普通席の購入金額を見てると・・・。

 

 

 

 

 


f:id:shingosfc:20190910080334j:image

23万円゚+。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚!?

 

往復Super Valueのチケットが。

1年を通しても最も安値のSuper Value

夏休み期間なのにも関わらず突如、現れました。

 

しかし、このSuper Value

『変更不可』、『払戻不可』

と言う激恐ろしい一面も持ち合わせています。

1年先の予定を変更不可とする鬼畜のチケット。

 

基本的に変更や払戻する事は無いしなぁ・・・

 

でも、1年先なんて、全く読めんしっ!

 

この破格の値段の魅力と、払戻不可の恐さに

嬉しさと焦りで揺れ動いてました。

 

取り敢えず、購入にステップを進めて・・・。
f:id:shingosfc:20190911001310j:image

 

んっ?

KeepMyFare!?

f:id:shingosfc:20190911000817j:image

今まで見た事はあったけど

使う事は無いだろうとスルーしてた

72時間、有料でこのチケットを確保できる制度。

 

今回。

3000円を払って、一先ずキープ。

f:id:shingosfc:20190911001058j:image

まさか、KeepMyFareを使う日が来るとは。

 

 

妻にラインすると、(23万円のチケットに)

『これ、良いんじゃんっ!』と。

 

既に権利は得てるし、翌日は休みだったので、

その日は冷却も兼ねて一旦、中断。

翌朝に腰を据えて発券作業をする事にしました。

 

 

 

 

 

まさか、このKeepMyFareが翌朝、

新たなラッキーをもたらしてくれるとは

その時は夢にも思いませんでした。

 

続く・・・